手作り鯉のぼり大成功

16日日曜日、2日目のオープンガーデンのイベントは快晴だった。例年、強風とか雨模様で中断してばかりだったので、今年も覚悟していたのだ。うれしい誤算。おかげで来客も多いようだ。

リサイクル品担当も売り物が少ないとこぼしていたが、来客が多かったことでもある。
ハーブ茶コーナーも、例年以上の活況だった。2名の女性メンバーが加わったのも良かったのだろう。
手作り大型パチンコのようなコリントゲームは、子供会が、手作り鯉のぼりを作って来場掲揚した後で、遊んでもらうためでもある。

爺さん連中は、ケヤキの樹間にロープを渡して9本の鯉を下げるのだが、真ん中2本は子供会の手作り品用に開けてある。絡み防止も万全のはず。
11時過ぎ、子供会の親子40人ほどがぞろぞろと来場、2メートルの鯉2本と子供たちを撮ろうとしたが、待ち焦がれた爺さんたちがそれを許さず、すぐ取り付けてしまった。
また、喜んだおばさんが急きょ「鯉のぼり」を合唱をしようと言いだし、音頭をとったが、心配した通り大合唱にはならなかった。今の子には、童謡そのものが伝わっていないのだ。

それでも、子供たちはコリントゲームに群がって、喜んでくれたし、会場の盛り上がりは最高潮となった。この最中、県会議員さんが応援に来てくれたので、市の担当者も記念写真を撮りまくっていたのは、忖度であったか。
これに、地域新聞の記者さんも混じって、2日に亘る取材も加わって、一般客がそっちのけになったのではないか。
記者さん曰く、内容が多いので、子供会の部とオープンガーデンの部、2回に分けて子供会を先に掲載するという。

帰宅後、記者さんにお礼のメールを送った。ついでに花クラブの新聞を添付したら、今後も送ってくれという返信だった。

b0014392_14123128.jpg

[PR]
# by taro012345 | 2017-04-19 15:04 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

市主催のオープンガーデン初日

毎年天候不順で、2日間の催しなのだが、1日は強風か雨で中断されてきた。今年は、珍しく連続で開催できそうだ。今年は市長が応援に来れないと言われていたのに、来ていただいたもので一同、感激の様子で記念写真におさまった。
地域新聞も、取材に来たのは花クラブが、トイレ塗装とかハンギング、アジサイ園やハーブコーナーなど公園の改良に積極的であることに関心がある由。明日も子供会の鯉のぼりづくりをした成果を取材したいという。なんとかもってくれ、天気。
b0014392_23584377.jpg
今日の町内お庭巡回コース


[PR]
# by taro012345 | 2017-04-15 23:01 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

鯉のぼり 絡み防止方法 (追加情報1,2あり)

今日は、一日中雨。公園に鯉のぼりを揚げるために、絡み防止の器具(スナップフック)を買ってきた。ネットでさんざん探したけど、絡み防止方法がわからない。
たまにプラスチックの板を中に入れるとかあった。全国の河川でたなびかせているのに、これといった方法が出ていない。
探し回った挙句、市内でも河川に鯉のぼりを揚げているイベントをみつけたので、電話で聞いてみた。

とても親切に教えてくれた。キーホルダーに使うスナップフックなるものがいいとのこと。以前、isozinekoさんが教えてくれた魚釣り用のサルカンは小さすぎるのだそうだ。浅草橋のアクセサリー店(吉田商事、ネットでも検索可能)で扱っているというので、早速行ってきた。さほど大きくもない店に、何十と種類がある。さすが浅草橋だが、あるいは大きめのアクセサリー店ならほかでもありそうだ。2個で80円からあったので、アドバイスに従って丈夫そうな90円のを10本分買ってみた。

それでも、3割ほど絡む鯉が出てくるそうだが、去年のはずす苦労を考えるとやむを得ない。
明日は晴れる予報なので、外の準備作業をするためメンバーに連絡してみる。
雑草取り、鯉のぼり掲揚、看板書き。爺さんは、ハンギング、町内花の巡回協力のお願いとノボリ立てになりそうだ。それぞれ、得意分野があるのだ。

ここまで、しつこく絡み防止の器具について書いたのは、爺さん同様困っている人がたくさんいるだろうと思っての事。あるいは、100%防止できる方法を教えてくれる人が出てくるかもしれない。

(追加情報1)
このタイトルへのアクセスがとても多くなっている。それだけ困っている人が多いのだろう。
爺さんの鯉のぼり取り付け作業を本日(14日)実施した。ところがすぐ風でからんでしまった。なんだこりゃ。
で、再度先達に問い合わせた結果を含め、2点情報を追加する。
1.ロープの撚りをマイナスドライバーで戻して、できた隙間にフックをひっかける。
2.反対側の丸い金具に、遊びの紐を25センチほどつけて、その端に鯉のぼりの口の三本紐を縛りつける。
のだそうな。

爺さんも明日以降の作業になるのだけど、早くお知らせした方がいいと思ったもので。お役に立つはずです。

(追加情報2)
ということで、16日フックに30センチ長の紐を足して鯉のぼりの先に結んだのです。ところが、皆で結んだので、情報が正確に伝わらず、結んだ結果が10センチそこそこという鯉のぼりが出来てしまいました。掲揚したところ、案の定遊びの短い鯉のぼりは、その場で絡んでしまいました。次の日見ても、遊びの長い鯉のぼりは絡んでいませんでした。遊びの直しは、手間がかかるので様子見してますが、5月5日まで揚げるので、直すしかないのかなぁ。
遊びの紐は余裕をもって、仕上がり30センチが適当のようです。

b0014392_17423731.jpg

[PR]
# by taro012345 | 2017-04-11 17:28 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

イベント準備で習い事も休み

毎日雨模様の最中、桜は満開だとか。そういえばいつもこの時期、花見に縁がないのは、イベント準備のせいだろうか。今朝になって、絵画サークルを休むことにした。毎年のイベントなのに、今年はなんかせわしない。看板づくりとハンギングが加わったことや芝桜の再生に労力をさいたこともあるけど。
北海道のおばあさんが大きなガーデンを作っていることからすれば、なにほどのこともないのに。
昨秋種から育てたプレゼント用の花苗が見事に育ったのがうれしい。ちらほら花も咲きだした。咲いていない苗や種はもらう人が少ないのは当然だろう。
別途、マンション中庭用サフィニアの挿し芽も順調に育って、最初の1ポットが咲きはじめたが、これは行先が決まっている。

雨降りに、ペンキ塗りは好ましくないけどやむを得ない。ベランダで今日中にやることにした。
b0014392_10302113.jpg
b0014392_10320707.jpg



[PR]
# by taro012345 | 2017-04-08 10:20 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

ハンギングやパネル用にペンキ塗りのはずが

4日は、老人クラブ役員会で総会準備。5日はオープンガーデンに向けて打ち合わせ。今日はパネルやハンギングづくりにペンキ塗りの予定だったが、風が強くて爺さんのエンジンがかからず外仕事は諦めた。代わりに看板づくりにポスター古紙を元職場にもらいに行ったら、前日保育園にくれてしまったという。前回訪ねたときは定休日で、今回はこれだ。

自治会掲示板用にポスターをコンビニで拡大コピー15枚。天気の回復後に貼る。
夜は、老人クラブの総会時に、音楽バンド第2弾、今回はアコーディオンを含む合唱とすることとして、その打合せ。今回も爺さんはパスさせてもらうつもり。



[PR]
# by taro012345 | 2017-04-06 21:30 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

ゴミ収集変更の結果、カラスの餌場拡大

去年の春、公園作業でカラスに追いかけられてから、トラウマになって、カラスが暮らしにくい環境づくりを目指してきた。春の巣作り防止については、市が公園の樹木の枝を3日もかけて除去してくれた。おかげで常緑樹の枝葉がなくなったら隠れ場所がなくなり巣作りはしなくなった。
次は、食料を確保できなくする必要があるのだが、カラスは、エサが獲れて視界のいい場所にたむろしているのだ。それが公園であり、ゴミを漁れる住宅なのだ。
ところが、4月から市の生ごみ収集が週3回が2回になったら、回収時間が遅くなり、屋外ゴミ置き場のマンションや住宅は格好の餌場になってしまった。
せめて網を掛けていれば、餌場になることはないのだが、責任者のいないゴミ置き場はここぞとばかり、散らかっている。
変更初日の惨状に、爺さんとしてはいかにすべきか。市に電話なんて芸がない気もするし。





[PR]
# by taro012345 | 2017-04-04 16:41 | 世の中 | Comments(0)

シートで風よけしながらベランダ作業

オープンガーデンのイベントに追いかけられてるが、寒さで進まない外仕事。昨日はやむなく風よけしながらのベランダ作業となった。
今春のタネ植えは、マーガレット、ジニア、金魚草。昨秋の幼苗のポット移植(トレー栽培だったので、根が絡んで一苦労)。サフィニア挿し芽をテラコッタに移植。

終わったので、スーパーへ完成祝いにビールの買い出しをしてきた。帰宅したら、老人クラブの会計担当が相談に来宅。市へ予算、決算類の提出書類とか総会資料等年度末作業は、爺さんも10年以上やってきたことだ。

3月10日頃追加したサフィニアの卵パック挿し芽もほとんど根が出たようだ。今日は暖気なので、ふたを開けて、液肥をやってみる。これは簡単で手がかからないうえ、成功率が高そうだ。一部花も咲きだしたが、発根は確認できなかった。
これから不用品回収に出かける。暖気なので看板作りもしたいものだが。
b0014392_10044555.jpg




[PR]
# by taro012345 | 2017-04-02 09:58 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

日本は立ち直れるかも

安倍政権に対抗できるかも知れない民進党次の政策構想。
民進党が安倍政権へ対抗するために掲げようとした原発廃止案も、電力系労組の反対に遭ってあえなく取り下げてしまった。ああ、民主党時代のトラウマを今回も上塗りしてしまった。国民がいくら安倍政権は危ないと思っていても、その受け皿になるべき野党がこのざまである。
そこに、起死回生になるかもしれない新たな構想が出現したことを、3月30日付ダイヤモンドオンラインで知った。慶応大学教授の井出英策氏の主張である。
以下、山田厚史氏の文面から(抄)

成長の見えざる手による再分配に代わる「ユニバーサリズム」の思想

「大きい政府」でもある。増税が伴う。

 20世紀末からの思潮を振り返ると、ソ連崩壊で社会主義圏がなくなり、市場原理が時代精神となった。途上国の勃興、旧東側諸国の体制転換。地球丸ごと資本主義で競争は激しさを増し、自己責任を掲げる新自由主義がもてはやされた。

 勝ち組アメリカが史上空前の繁栄を謳歌したが、それもバブルだった。リーマンショックを機に、成長が伸び悩む中でのパイの奪い合いとなり、格差問題を噴出させた。国家間・地域間の格差、豊かな社会の中の貧困。地球規模で分断と対立が激化している。

 成長と見えざる手による再分配、という好循環は崩れた。競争原理と自己責任では「冷たい社会」になる。トランプ政権の誕生は貧困化する没落中産階級の怨念の結晶だ。

 安倍首相が春闘に介入し、働き方改革で「非正規社員」に言及するのも「自己責任モデル」の行き詰まりを示している。

 井手の経済思想は「ユニバーサリズム(普遍主義)」と呼ばれる財政理論である。

 単純化して言えば、1億円の所得があるAさんと、100万円の所得しかないBさんがいるとしよう。ユニバーサリズムは同じ税率にする。税率20%だったら1億円のAさんは2000万円納税する。100万円のBさんにも20万円の税金を払わせる。

 政府が集めた2020万円を、ひとしく分配する。子ども手当のような直接支払いでも、大学無償化というサービスでも、金持ちと貧乏人を区別しない。AさんもBさんも1010円の給付(再分配)を受ける。

 その結果、Aさんは1億円-2000万円+1010万円で再分配後の所得は9010万円。

 Bさんは100万円-10万円+1010万円で1100万円の所得になる。この結果、100対1の格差が、財政による再分配で9対1に是正される。

 ユニバーサリズムの肝は「差別しない」。税率は等しい。金持ちも貧乏人も、同じサービスを受ける。所得制限は付けない。貧困だから、といって特別な計らいをしない。「施されることで傷つく尊厳」に配慮したい、と井手は言う。

 党内右派である前原は「私は社会民主主義者」と対談(岩波書店「世界」)で語るほど前向きになった。党首の蓮舫も同調している、という。

 増税は財政再建のためにやるのではない。安心を得るために財政を変える、当てにならない成長に頼らず、公正な分配が人々の暮らしを明るくする。そんな筋書きの中間報告書が5月にはまとまるだろう(答申は晩夏から初秋にかけての予定)。

(デモクラシータイムス同人・元朝日新聞編集委員 山田厚史)


[PR]
# by taro012345 | 2017-03-31 13:36 | 世の中 | Comments(0)

オープンガーデンまで半月

老人クラブの例会が終わった。花クラブの新聞出来た。回覧チラシやポスターできた。これからは、半月後のオープンガーデンに向けて全力投球になる。
とりあえず子供会へ手作り用鯉のぼり生地をプレゼントした。爺さんは打合せ企画と看板づくり、トイレ外壁ハンギング、リサイクル品あつめ、芝桜の土壌改良、できればアジサイ園の補植、タネや幼苗を育てるまでできるか。プレゼント用に育てている苗は、花が咲きそうにない,どうする?

b0014392_10411641.jpg
ベランダは公園用畑になっている。雑然のいいわけ




[PR]
# by taro012345 | 2017-03-28 10:36 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

手品のごとく鍵がみつかった

 このせわしない時期に公園の倉庫の鍵がみつからず探しに探し回った。ところが、昨日、倉庫の前で鍵を持っている自分がいた。公園用にいつもぶら下げているバッグから出てきた気はするのだが、定かでない。当然、バッグの中は隅々まで探していたわけで、バッグから出てくるわけはないはずなのに。
とうとう、認知症にかかったか?いまだにわけがわからないでいる。
 
 先日、珍しく知人から電話が入った。ブログが更新されていないからだという。一人暮らしの爺さんを心配してくれたらしい。日を置いているが更新はしているので、ブログのカレンダーで更新している日を知らせて、クリックしてみるよう頼んだ。電話が来ないところをみると確認できたのだろう。
 ブログは一人暮らしの安否確認にもなっているのか。

爺さんに似ているようなキーホルダー
b0014392_09235544.jpg

[PR]
# by taro012345 | 2017-03-24 09:24 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧