組織の魅力が?

 一気に寒くなった。なのに昨日、公園の水遣りをした。それから高校の東京支部同期会出席。37回目だそうな。転勤族の爺さんは、中途参加である。
今回の場所は、新橋の中華店。
かってなく少ない20名弱の出席だった。後期高齢者だから、健康面では1年ともいえないか。幹事の御苦労に感謝の声も多かった。準備万端おまかせの爺さんとしても同様。
各自近況報告をするのだが、いずれも長話になるのは参加者が少ないせいだろう。その割に病気と介護の話が少なかったのは元気な人と介護一段落の年代だということか。

帰宅後、まちづくりの集まりで、夜、修了生相互の情報交換システムのプログラム説明会に出席。が、なんと4名しかいなかった。修了生は100名以上いるはずなのに。
プログラム作成にもかなり苦労しただろう。なんでこんなに集まりが悪いのか。年会費が高いのと、利用価値が少ないから、との意見だった。運営がオープンでないとの意見も。この先が心配だ。

そして今夜は、ガーデニング関連の理事会兼忘年会。年賀状・お歳暮準備も気にかかる。





[PR]
# by taro012345 | 2018-12-12 16:06 | 組織 | Comments(0)

札幌の法事、生徒さんとの公園手入2回目終わって

b0014392_11240742.jpg
写真は、11月26日、公園の一角での雑草抜き作業。1回目は、花壇の植え込み中心だったが、2回目なので要領も良くなっているから、根から雑草を抜く作業をメインにした。
ここにテスト的に芝生のタネを撒いてみる。成功すれば、一帯を芝生にしたい。

実は花クラブで、この雑草原をアジサイ園にしようと、数年前から取り組んでいるのだ。これまでこの一角は、雑木林だった。これを住民の力で、憩いの空間にしようと取り組んでいる。ここには、手作りのベンチやテーブルも設置するため脚にする丸太も用意した。この一角は、通勤、通学路沿いでもあり、道路から公園を見渡せる位置にある。

ここに子供達の協力も加われば、地域の力で作られたアジサイ園として、住民の愛着が増すだろうとの狙いもある。いずれは公園に愛称をつけ町のシンボルにしたい。
自治会の理事会にも、そのことは話してある。

昨日も、生徒たちが、雑草と間違えて芝桜を抜いてしまったので、植え直していたところに、「花クラブの人ですか?」と声をかけてくれた子供たちは、先日公園作業を手伝ってくれた生徒さんたちだった。




[PR]
# by taro012345 | 2018-12-01 12:38 | 生き方 | Comments(2)

生徒さん、165名がまた来るって

落ち着かない日々が続く。26日に再度同じ生徒さんたちが公園に来たいという。その後の様子見兼ねて花がら摘み・落ち葉拾いとなりそう。
花クラブの皆さんに緊急のお知らせ兼ねて11月号の新聞づくり中。法事で23,24日札幌へ行く予定も入っている。

造成中のアジサイ園も6月の開花期までにとりあえず完成させたい。設置予定のベンチ・テーブルの脚にする丸太は手に入った。これに板を載せれば出来上がりの構想。
丸鋸・チェンソーは危ないというので、隣町の刃物店に鋸を研いでもらおうと思って出かけたが、古くてダメだという。やむなく新品を買ってきた。
芝生化も目論んでいるけれど、維持管理できるかテスト的に種を撒いてみる。

ギターの弦が切れてしまった。買ってから3年にもなろうか。夜、バスで隣町へ。楽器店の店員さんによれば、ひと月毎に取り替えているという。音が悪くなるというのだが、爺さんにはそこまでわからない。音合わせのチューナーや弦交換の用具とか5千円弱。

隣町へ行くのは、地元に同様の店がないからなのだが、日頃から画材店もないことで不便をきたしている。そういえば、ホテルもない。
この街は日常の店と飲食店は、余るほどあるのに、文化にかかわる店が少ない。なんでなのか、なんて考えが飛んでしまった。

[PR]
# by taro012345 | 2018-11-21 10:28 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

元ボランティア仲間のウォーキング

○ 前日は、B&Gのウォーキングで、両国界隈見物だった。齢90歳を含む7人の仲間。天気良好。両国地下鉄出口で待ち合わせ10時。
地図もなし。土地勘もなし。Sリーダーにおまかせの経路。

最初は2016年新設の北斎美術館。展示はなんとも少ない数だったので、力抜けしたがそれだけ国内には数少ないということだろうか。そのおかげで?疲れなかった。
それに代わる大きな解説スクリーンがほしかった。世界の北斎なのだから、もう一工夫して欲しい。外人さんも多かったが混んでいるほどでもない。
それにしても、北斎と娘の模型にはびっくりした。あまりにリアルだったうえ、時々絵筆を動かすのだ。声をかけたくなるほどのリアルさだった。
フラッシュを使わなければ写真をとってもいいとか、誰か言ってた。模型写真だけ撮ってきた。
b0014392_19004455.jpg
次は、タバコと塩の博物館。これこそ、パイプの羅列以外、見るほどの内容でなかった。ツインタワーが近くにあるから寄るだけで
見学者もきわめて少ない。立派な施設なのにPR効果は乏しく維持費の下敷きだろう。

ツインタワーのソラマチは飲食ファッションの商店街というところ。タワーも3千円もするから、だれも登るといわない。
下から、タワーを撮るが、みんなで記念写真は撮れない。諦めて、花壇をバックに撮ろうとしたら、地元の爺さんが、タワーと仲間を取る方法を
教えてくれた。ファインダーを覗くのでなく、足元にカメラを構えてタワーと仲間を入れるのだ。

あれこれタワーのいきさつや地震対策まで教えてもらった。本人は好きでガイドしているようなのだが、北斎美術館にもこんな人が必要なんだな。
ほんとは、もう1か所寄るはずだったが、90歳を含むメンバーとしては疲れが溜まっていたようで、錦糸町での反省会となった。
このメンバー、20年にもなる元ボランティア仲間である。12月もイルミネーション見物と決まった。

○ Googleが始めたyoutube musicで無料の音楽が聴けるという。世界中のプロが対象になっているというが、爺さんはまず吉田拓郎で試してみた。
なんとかなりの曲が聴けるではないか。無料だとCMが入るとしていたが、さほどうるさくない。利用価値ありです。




[PR]
# by taro012345 | 2018-11-16 21:25 | 生き方 | Comments(4)

小さな公園の大きなイベント終わった

今日13日午前、ピンポイント天気予報は雨だったが降らなかった。イベントの成功は8割天気が決める。
小学4年生に公園作業を体験してもらった。165人も来て、花の植え込みと、雑草とり・落ち葉拾いを交代でしてもらった。

爺さんの手順案の通りにはいかなかったが、メンバー10人も自然に自分の役割を担ってくれた。横断幕やトイレの清掃道具、ジョーロの口や荷物置き用の青シートまで準備したのに、マジックがなかったり、イベントが終わるまで準備に時間をとられる。

花の数も、市の担当課が提供してくれた苗に、花壇以外に植えこんだこともあり、こちらが持ち込んだ苗も合わせたら予想通りぴったり。用意しておいてよかった。

爺さんが想定外だったのは、子供たちが、シャベル(移植ゴテ)の使い方を知らないということ。小さい時から砂遊びはしていても、土を掘るのがままならないのだ。花壇ができないのだから、雑草を根から抜く作業でシャベルは使えないのもやむを得ない。ほとんどが手で抜いていた。子供用のガーデニング用ゴム手はないものだろうか。また、計画したいというから、子供用があるならプレゼントしたいものだが。

これからも来てくれるなら、造成中のアジサイ園の出来上がりを見せてやりたい。芝桜・テーブル・ベンチ・芝生に紫陽花も増やしてこの空間を楽しんでもらいたい。
目標は次のアジサイの時期として、これを完成祝いのイベントにしたいものだ。併せて町のシンボルとなる?公園のニックネームも募集したい。

悩んでいたテーブル・ベンチも足にする丸太が確保できそうだ。市内の学校で伐採した丸太を提供してくれる業者さんがいるとの連絡がガーデニング筋からあった。
後は、ホームセンターから板を買って塗装・加工するだけだ。芝生のタネも買ってきたが、芝桜の土が固くなるのをいかに改良するかが難題。


[PR]
# by taro012345 | 2018-11-14 01:39 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る