BS朝日の「熱唱!昭和フォーク」収録観覧に当選しちゃった

○ 日頃、籤運に縁のない爺さんが、フォーク番組に惹かれて収録観覧に応募したら当選しちゃった。もっとも、2名のみ参加できるとされた。
やむなくバンドリーダーと参加しようと連絡したら、当日は行けないとのこと。まいった。

○ 先週15日は、県民の日で孫たちの学校が休み。上孫は同級生と仕事体験に行くという。下孫が一人になるので、爺さんがお付き合いすることになった。
最初、上野動物園にしようと意見が一致、雨降りだし平日だから空いているだろうと思ったら動物園の入口で3時間待ちだとわかった。
平日なのに、この子供たちの多さはなんなのだ。みんな千葉県民とは信じられない。シャンシャンを諦めて、孫が行ったことがあるという品川の水族館に変更することにした。
山手線に乗ったら、遠回りになることがわかって次の駅で反対周りに乗り換えるとか、たどり着くまであちこちで聞き歩いた。
ホテルの一角にある「アクアパーク」なる水族館は、こちらもそれなりに込んでいたが、小さな水槽に小さな魚の連続に大人2千円台の入場料は高いと思ったものだ。
けれど、最後に観たアシカのショーは、動物を超える芸の連続で爺さんでも感動した。

b0014392_13393567.jpg
○ われらが公園のアジサイは日に日にきれいになってきた。花クラブで造成中のアジサイ園は、道路側からもよく見えて成功しつつある。さらにハーブ類や木製の椅子やテーブル類も備え付けたいのだが、盗まれる可能性もあるので悩んでいる。
[PR]
# by taro012345 | 2018-06-20 16:22 | 生き方 | Comments(2)

公園で花の植込み バンド練習そして

○ 昨日13日は、花クラブの例会だった。花苗の植え込みが目的だったが、花壇の手入れをほとんどしていなかったので、今回は除草と耕耘から始めた。いつもは1時間で完了するのだが、8名で2時間かかった。きれいになった花壇とアジサイ満開の風情に、ひさしぶりの快感を味わった。
帰宅後、発泡酒を飲んだこともあってか、今までにない疲労感に襲われた。爺さんは前準備と水やり後始末まで含めると4時間超になっていたこともあろうか。
b0014392_01353328.jpg
○ 今日は、バンド練習日。練習というより、7月開催の健康イベントに頼まれて準備打ち合わせというところ。バンドリーダーが段取りに動かないもので、やむなく爺さんが音頭取りをすることになったのだが、あるいはリーダーが遠慮しているのだろうか。30~40分程度の時間を8曲、メンバーの希望を聞いて仮の選曲をした。
歌謡曲好きとフォーク好きのメンバーに分かれるのはやむを得ない。爺さんは、楽譜が楽な「湖愁」にした。最後の2曲「希望」と「真っ赤な太陽」を全員で合唱することにした。今回はベテランのアコーディオンも加わる。ボーカル、ギター、キーボード、ドラム、三味線とにぎやかだが爺さんをはじめ、ほとんどが初心者である。
本番まで時間がないので、毎週木曜日に練習することにした。
b0014392_01323802.jpg
○ そして明日15日は、孫のお守りで上野水族館か。今日、孫宅からSOSが入った。明日は千葉県民の日で学校が休みになるという。親は共稼ぎなので、爺さんに頼まれた。孫の希望で上野を徘徊することにした。
子供たちにかわいそうな事件が頻発している中、こんな日を持てる孫は幸せということ。親ではないけれど我慢しなさい。

[PR]
# by taro012345 | 2018-06-15 01:40 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

墓仕舞い、終わった2

6日滞在2日目。親戚の家で、東京にいる息子さんの部屋に泊まっていた。隣の部屋も漫画、イラスト類でいっぱい。おかげで?息子さんはこの分野で仕事をしている。
ほかに二人の息子さんがいて、みんな独立している。

その日は、正午から親戚が宴席を設けてくれることになっていた。それまでの時間を、トラピスチヌと隣接している市民公園を夫婦で案内してくれることになった。爺さんが
地元の公園でアジサイ園作りをしているから、参考にして見たらということでの市民公園なのだ。かなり広いが、元はトラピスチヌの所有地だったとか。

現地は、広い範囲を水が流れて、各種のアジサイを何万株と育てている最中だった。わが公園とは規模が違う。
わが公園は一面アジサイとするほど、広くないので参考にするにはいまいちだったが、トラピスチヌの隣なので、ここを散策する観光客もいるだろう。休憩所でソフトアイスをよばれながら
写真を撮った。ここでカメラのSD容量オーバー。それでも、別にミラーレスカメラを持参したので、トラピスチヌの数枚は撮れた。

修道院では、市の業者がちょうど庭の手入れをやっていて、観光客はいつまでも入れず。代わりに、近くに在住する自称案内人から、いろいろ教えてもらった。
修道女の生涯独身は知られているが、一日中話はできないので、修道院独自の手話があるとか。近年修道院に入る希望者は減っているらしい。
修道院見学はできなかったけれど、新たなことを知れた。
b0014392_01255205.jpg
市民の森 あちこちで育成中のアジサイ、何万株も



[PR]
# by taro012345 | 2018-06-13 01:27 | 家族系 | Comments(0)

BS朝日で、フォークの収録あるので応募した

○ 昨日、親戚への礼状はまだ進んでいないので、要所に電話。今日からいつもの暮らしが始まる。
今日は大雨予報だが、公園花壇用の花苗が届く。市から年3回の助成があるのだ。毎回200ポット。足りないので花壇の一部をナチュラルガーデンにしているが、いろんな宿根草が植わっているので、次の花が待ち遠しい。株が大きくなれば、株分けもできるし。DIYで飾ってやりたいと思いつつ、行動が伴わない。
本命のポットの植込みは13日(水)、なんとか雨は回避できそうだ。

○ これも昨日、ネットで見つけたBS朝日の定番番組の「熱唱 昭和フォーク」収録に応募した。バンドリーダーに連絡して、メンバー全員希望者とした。
堀内孝雄・因幡晃とか5名。宝くじレベルの当選率だろうが、サークルの盛り上げネタになりそう。
併せて、元ボランティア仲間にも声をかけて応募してもらった。近々、仲間で温泉一泊の打ち合わせもある。


前回の昭和のフォークから


[PR]
# by taro012345 | 2018-06-11 10:21 | 生き方 | Comments(0)

墓仕舞い、終わった 1

○ 函館に3泊4日の予定で出かける初日、直行羽田のバスの中でハッとした。朝、台所の水仕事をしていて下着まで濡らしてしまった。やむなくアイロンで乾かした。終ったものの、アイロンが冷めるまで片づけるわけにもいかず、立てた状態でアイロン台に置いた。

その後、バス停に向けて出発したのだが、バスの中でそれを思い出してしまった。これ以上の心配事はあるだろうか。鍵のかけ忘れなら諦めもつくのに、とか思いながら必死に記憶を辿った。10分ほどして、アイロンのコードを巻き込んだことを思い出した。前日もアイロンをかけていたので、その日のことだったらとの心配もよぎったけれど、思い出しの鮮度にかけた。出がけにアイロン、なんてあってはならないことだと猛反省。


○ 初日(5日)は親戚の家に泊めてもらって、あちこち見物したり食事をよばれてしまった。
これからは、頻繁に出入りすることはないかもしれないと思うと、観る物も違ってみえる。見物コースも函館山の麓から北斗市のきじひき高原まで、写真を撮りまくった。
この日は、薄曇りだったが、この高原から駒ヶ岳や大沼を間近に見えるばかりか、函館山までそれなりの大きさで見下ろすことができた。

晴れていれば、東西に太平洋と日本海も見えるのだとか。偶然とはいえ、札幌の友人もつい最近この高原をみたというから、360度見渡せる名所として有名になっているのだろう。けっこう遠いこともあり、快晴の日をお勧めする。
b0014392_01500051.jpg
b0014392_01491626.jpg



[PR]
# by taro012345 | 2018-06-10 01:53 | 家族系 | Comments(3)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧