並木通りにサルスベリを植込んだ

マンションの通りは常緑樹中心の並木道である。そのなかに枯れて何も植わっていないカ所があって、マンションの前でもあり以前から気になっていた。
このままだと、舗装で埋められてしまうかもしれない。日頃街づくりにこだわっているので、花のなる木を植えたいと思っていた。ちょうど知り合いからサルスベリの幼木をもらったのでこれを植えるべく、市の担当部署に電話した。当初は現地を見てとか言ってたが、上司?から再度の電話があって、了解してくれた。

手間も費用もこっち持ちだから、究極はOKになるだろうと踏んでいたのだ。OKは出たものの、あまりの暑さが続くので、作業にかかれずにいた。この数日、雨模様で30度を切るようになったので、小さなサルスベリを植えこんだ。が、ここで気が付いたのは幹を支えるため銅線を廻してあったこと。しかも樹皮に喰い込んで銅線が見えなかったのだ。どうにか銅線をはずしたものの、果たして育つだろうか。小さいながら花芽もついて、期待していたのに。祈るしかない。

マンションの垣根にも7本のサルスベリがあるので、ここにも咲けばサルスベリの街並みとして引き立つこと請け合いだ。しかも夏から秋まで咲く。
b0014392_22045943.jpg
早く大きくな~れ

  


[PR]
Commented by isozineko at 2015-08-21 07:24 x
サルスベリの並木ができるといいですね。
落ち種から発芽して、30センチほどで花が咲くようです。
赤白ピンクと花数も多いし、ベランダで育てても2、3年で花が見られるくらい強権なので期待できると思います。
Commented by taro012345 at 2015-08-21 13:14
> isozinekoさん、お疲れでしょう。
このサルスベリも小さな蕾がついてきたので、とりあえず挨拶がわりに咲いてくれるとありがたいです。
幹の傷が心配です。
by taro012345 | 2015-08-20 22:08 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧