手づくり市のパトロール

〇 街づくりメンバーが主催して、手作り市を開催するというので、万引き防止のパトロールを引き受けた。
手芸に始まって手づくり事は、女性の独壇場である。小さな催しはあちこちでやっているが、ここは80店以上も参加してのイベントで、お客さんもぞろぞろとくるから、
パトロールも必要になるのもわかる。

爺さんも初めてのことなので、どんなイベントなのか興味しきりだったが、この寒さにはまいった。同輩も厚着してるのに、しきりに寒さを訴える。
それぞれ、こだわりがあるのもこのイベントらしいところ。
障碍者の施設で作っている小さなカレンダーは、和紙も絵も暦も当然自作で、買っていく人も障碍者施設の作品だと気が付かない。店のポリシーで、福祉施設を訴えないのだそうだ。

布で作った猫や花のブローチ?の値段にびっくりした。500円程度と踏んでいたら、1500円なのだとか。スエーデンから輸入している生地を使っていて、10センチ角で500円する生地なんだって。爺さんにはその良さがいまいちなんだけど、買っていく人がいるんだよね。色彩やデザインなんだろうね。
お客さんには、赤ちゃん連れのママたちが多いのも特徴なんだけど、ママたちの憩いの時間って、こんな場なんだね。
土台、赤ちゃんを背負って店を開いているママもいるんだから。

〇 今日は、午後からタネから育てる「花の講座」がある。その後、孫たちとピザのおいしい店で夕食と思ったら、爺さんの近くの店で友人と会うのに、我が家に寄るだけだった。夜の自治会の役員会は、音楽バンドのメンバー募集のチラシを配布してもらうので休めない。
         
赤ちゃんをおぶって出店しているママ、この意気込みに刺激される女性も多かろう
b0014392_11471276.jpg



[PR]
by taro012345 | 2015-11-14 11:49 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧