墓仕舞い、終わった2

6日滞在2日目。親戚の家で、東京にいる息子さんの部屋に泊まっていた。隣の部屋も漫画、イラスト類でいっぱい。おかげで?息子さんはこの分野で仕事をしている。
ほかに二人の息子さんがいて、みんな独立している。

その日は、正午から親戚が宴席を設けてくれることになっていた。それまでの時間を、トラピスチヌと隣接している市民公園を夫婦で案内してくれることになった。爺さんが
地元の公園でアジサイ園作りをしているから、参考にして見たらということでの市民公園なのだ。かなり広いが、元はトラピスチヌの所有地だったとか。

現地は、広い範囲を水が流れて、各種のアジサイを何万株と育てている最中だった。わが公園とは規模が違う。
わが公園は一面アジサイとするほど、広くないので参考にするにはいまいちだったが、トラピスチヌの隣なので、ここを散策する観光客もいるだろう。休憩所でソフトアイスをよばれながら
写真を撮った。ここでカメラのSD容量オーバー。それでも、別にミラーレスカメラを持参したので、トラピスチヌの数枚は撮れた。

修道院では、市の業者がちょうど庭の手入れをやっていて、観光客はいつまでも入れず。代わりに、近くに在住する自称案内人から、いろいろ教えてもらった。
修道女の生涯独身は知られているが、一日中話はできないので、修道院独自の手話があるとか。近年修道院に入る希望者は減っているらしい。
修道院見学はできなかったけれど、新たなことを知れた。
b0014392_01255205.jpg
市民の森 あちこちで育成中のアジサイ、何万株も



[PR]
by taro012345 | 2018-06-13 01:27 | 家族系 | Comments(0)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧