元ボランティア仲間と温泉旅行

元ボランティア仲間は、歴史がらみの都心ウォーキングの集いだったが、昨今、高齢化でそれもままならなくなり、飲食の集まりでお茶を濁してきた。
海外旅行も、メンバーによっては困難だったので、温泉一泊旅行となった。旅行好きのAさんの企画で、バス往復付きで那須塩原となった。
目の不自由なメンバーは迷惑をかけると心配したが、目的が温泉と仲間の井戸端会議だからと安心してもらった。
齢、7,80代。男女3人づつ6人。爺さんは20年ほどの付き合いであるが、泊り旅は初めてである。

平日18日、池袋発のバスは、8割方埋まっていた。快晴で、すがすがしい秋の風情は、心地よかった。4時間弱で着くまで川沿いの温泉ホテルが飛び飛びにあるためか、温泉街的な場所がない。ホテル内の食事処で昼食を摂った。愛想の悪いサービスに経営者は気づいていないのだろう。なんせ、ここしか食事処はないのだから。
我々は、そこのホテルから、ミニバスで再移動。小さなホテルに着いた。昔の会社の寮のような雰囲気であるが、吹き抜けのホールと広いガラスで林を見通せる。印象は悪くない。

屋上の露天風呂は、付け足したものらしく風情に欠けるが、山が間近にあるから紅葉も見られるのだろうか。何をするでもなく、夕食を待つ。
5時半、1階の食堂は広かったが、結構な数の泊り客で埋まっていた。たしかに中高年グループ、家族が目立つ。
ここも当然のごとくバイキングである。われわれも、バイキングに慣れてきてイタズラにトレーに盛り上げることはしなくなった。少ないようでも、けっこう腹いっぱいになることがわかってきたのだ。バスで飲めなかったぶん、ビールをたくさん飲んでやろうと思っていたのに、ワインをグラス2杯程度で投了。このような席では、初めての体験。それも、爺さんだけではないのだ。歳のせいかバイキングのせいか。

この後、カラオケにしようと皆さん思っていたのだろが、すべて使われていた。かって、ボラ仲間でカラオケをしたことがあったのだ。やむなく、男部屋に集まって井戸端会議となったが、何も思い出せない。絶対、認知症ではないのです!
b0014392_23432016.jpg
b0014392_23411400.jpg
上は、夕食時。下はホールの外で。(新カメラ操作がわからず、知らない間にアート撮影になっていた。ドジ!)

[PR]
Commented by kamohuto at 2018-09-22 13:47 x
こんにちは 13日ぶりのコメントになります taro012345さんお変わりないようで安堵しています この度のご旅行が天候に恵まれて皆さんが楽しまれたこと一生の思い出になるのではないでしょうか 私は皆さんとお別れして今日で13年5カ月9日になり再会してお変わり無きお顔を拝見して感激しています 皆様が今後、健康で過ごされることを祈っています。メールに添付された10枚の写真を拝見す事出来てありがとうございます お気に入りに登録いたします 精細な画質でした。
話が変わりますが、先日NHK BSで再放送された100歳からの人生でスェーデンの100歳の女性が日々死を考える日が続き・・フットしたきっかけでパソコンに出会い、日々感じた事、思う事などブログを立ち上げ、大変な反響があり一躍、有名人になりました あの毎日の死の想いがどこに行ったのかと今では異性に関心を持ち過ごされているそうで 90歳で夫と死別してから10年間、孤独の寂しさ、死を想う時の流れが、・・人生とは・・。 因みにブログのフォローは50万人だそうです taro12345さんも長くブログを続けられていますが、今後、もしかして病床に臥しても便利なツール(スマホ)が有りますので死の直前まで発信されたらどうかと思いますが・・。
AIスピーカーから流れる「ロシアからの愛」を聞きながらパソコンのキィーをたたきながら至福のひと時です。
Commented by taro012345 at 2018-09-23 08:48
>kamohutoさん、新カメラの講習も受講したのですが、いまいちです。歳のせいで理解力が落ちているのでしょう。
みなさん、喜んでいましたのがなによりです。お互い健康第一でこれからもよろしくお願いします。
by taro012345 | 2018-09-21 23:48 | 生き方 | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧