2018年 09月 30日 ( 1 )

ガーデニングのイベント「苔の講演会」→支笏湖「苔の洞門」→5号館のつぶやき「苔集め」

今日29日は、市と共催であるガーデニングのイベントとして、「苔の講演会」が催された。爺さんもガーデニングの役員をしているもので手伝いに行ってきた。
ほんとは文化祭に絵画を3点も求められているので、暇はないのだが、イベント担当とあれば逃げるわけにもいかない。
会場は、コルトンプラザのホールである。市の広報に50字ほどのお知らせを掲載していただけなので主催者の心配は、参加人数である。

結果、60人弱の参加者があって講師にも面目が立った。ところが先生は、気を良くして話をするのだが、マイクが悪いのかほとんど聞き取れない。爺さんも初めは耳に手をやって聞き取ろうとするのだが、単語がちらほら耳に入るだけで頼りは、スクリーンの映像だけである。
何とかわかったのが、北海道支笏湖に大きな「苔の洞門」があるということ。北海道出身の爺さんは全く知らなかった。https://www.welcome-to-chitose.jp/5744.html

残念なことに現在は、公開されていないとのことだった。が、「ちとせの観光」のホームページを探したら、10月も少人数の参加者を募っているようだ。応募者殺到しているかもしれないが、貴重な機会なのでお知らせしておきます。

もうひとつ、元北海道大学の先生だった方が、「5号館のつぶやき」というブログを毎日更新していて、たまたま、苔の収集について投稿していた。これだけでなく、大学教育をメインに、いろいろ紹介しているので爺さんが愛読しているブログである。https://shinka3.exblog.jp/

絵画を放っておいて、これを書く羽目になったのは、苔をめぐり不思議な縁を感じたからなのだ。
b0014392_00520083.jpg


[PR]
by taro012345 | 2018-09-30 00:53 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧