<   2005年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一人で生きる

一人暮らしの彼の検査結果が出た。カミさんの兄弟である。
最悪の結果だった。胃腸の調子が悪いといっていたのは、5年も前からである。
生前のカミさんが早く病院に行くよう諭していたのだが、貧乏暮らしのせいもあってか、一向に行動に移さなかった。
一方で、フィリピン女性の支援に数百万円を費やしているのだ。カミさんにしてみれば、自分の目の前のハエも追えないのに、という気持ちが強かったろう。

私も、それほどドライに考えられなかったけど、今の事態を回避できたはずなのにと言う思いが強い。明日、これからのことを話し合うことにした。
一人で生きているようでも、一人で生きているわけでないのだと思う。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-28 22:25 | 生き方 | Comments(0)

お食事どころ2

今日は休みなのですが、以前話した「お食事どころ」のまとめをしようとパソコンに向かったのです。店の名前はほぼ固まったのですが、地図に落とすのにどうしようか考えあぐねていたのです。ネットでマピヨンの地図を取り込んでみたのですが、これに書き込むのはうるさすぎると思い、結局、簡易地図ソフトを仕入れて地図作りをすることにしました。
aMapというシェアウエアなのですが、安いだけあって、斜めの線がガキガキになるし、道具も少ないしで不満ではありますが乗りかかった舟ですから、完成させます。

これをネタに、臨時職員がさらに盛り上がることを期待しているのですが、おせっかいか。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-26 23:41 | 組織 | Comments(2)

勤め人の夕食

昨日は、函館の友人から帆立をいただいた。これなら私でも料理らしきものを作れる。
刺身とバター焼きで夕食のメインはできあがり。ところが、娘は10時過ぎのご帰宅でどうも見るところ外食してきたようだ。
私もそうだったが、勤め人って、食事で家に連絡するというのは気が引けるものだ。
娘もそうなのだろう。だけど、Oyajiが夕食を用意しているものだから外食してきたのに形だけ食べることもある。だから、食べなくても良いよと言ってやる。

かってのカミさんの気持ちも、わかるのだ。私らもそうだったが、夫婦仲にも影響していることだろう。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-24 18:33 | 生き方 | Comments(2)

街の玄関

なぜかこんなことを思った。
現役の頃旅行して残念だったのは、どこへ行っても駅前はサラ金の看板が一番目に付いたこと。昔はまだ、銀行の控えめな看板だった。今は街の風情も何もあったものではない。規制のしようもないのだろう。それぞれの地域の人たちは街づくりに駅前の景観には相当の配慮をしているはずだが、日本国中似たようなけばけばしい駅前になってしまう。
日本の誇る京都の駅でさえ、あんなビルになってしまうのはどうしてでしょうね。
バブルがはじけても日本人の感性は元に戻れないのでしょうか。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-23 23:27 | 世の中 | Comments(0)

ティータイムコンサートは実現するか

職場の臨時職員にゲイジツ家が多いことは以前に話しています。職場であるホールの宣伝を兼ねて、臨時職員と近くの音楽家でティータイムコンサートをやろうと検討しています。
ネックは職場の役所仕事ですが、職場の支援がなくてもやろうと盛り上がっています。

ゲイジツ気のない私は、蚊帳の外ですが街の活性化にもなることですから、勝手に応援しています。私は老人クラブの会員ですから、実現すれば大いに宣伝してやりましょう。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-22 20:44 | 組織 | Comments(0)

ネットが料理の先生

「山の彼方の幸せ求め・・・」のおっちゃんは、頻繁に料理の話題を提供してくれますが、私はタイトルどおりの料理べたなので、話題にすることはないのです。
でも、毎日料理らしきものは作っているのです。ボケ防止の目的もあるのですが、同居している娘が遅く帰ってきて夕食を摂るからです。
料理の先生はネットです。簡単な料理本も買ったのですが、ひどいものでマスターはしてなくても同じ料理の繰り返しというのは、いやなもので、結局家にある食材をキーワードにインターネットから探して作っています。
おおさじ一杯の分量もよくわかりません。探究心が足りないのです。
まして、ある食材からピッと料理が浮ぶまでにはなかなかなりません。
で、けっこう料理づくりは負担感があるんです。定年後の一日なんて退屈だろうと思っていたのですが、この辺もあってか暇なしです。このテーマで料理の写真がない事情をお察しください。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-21 20:23 | 生き方 | Comments(5)

ほりえもん

ライブドアのほりえもんが苦境にあるというのが、ちまたの評判です。
ほりえもんが800億円を借りた、リーマンなんとかいう投資会社が一番儲けることになるそうです。優良企業なら手を出さない条件のついた転換社債をリーマンに発行したとか。
村上ファンドが、ニッポン放送の株を18%も持っているのにその動きも見定めないで、ほりえもんはニッポン放送の買収を図ったのでしょうか。

ほりえもんは35%の株を取得したとして、詰んだ将棋などといってましたが、私ら素人目にもほりえもんが苦しそうに見えます。
マスコミがわかりやすく説明してくれるので、勉強になりました。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-19 23:32 | 世の中 | Comments(2)

よる年波に

カミさんが逝ってから、1年半になろうとしています。子供たちも悲しみを乗り越え前向きに生きています。親父としても負けていられないのです。
でも、振り返ることがカミさんへの供養でもあるから、できるだけ昔を忘れないように心しているのですが、よる年波に勝てないのではないかと心配です。
カミさんとのことは私しか知らないことですから、私が忘れるとカミさんが不憫です。
b0014392_23305782.jpg

カミさんは、明るいのが好き、私はレトロ調が好きでした。感性に欠けるのですが。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-17 23:38 | 生き方 | Comments(2)

4連休の仕事

今日から4連休。臨時職員とはいえ、連休になるとほっとする。
やっかいな、確定申告と太極拳の練習と梅原猛著「仏教」の読破が最低の目標。寝床で本を開くのだが、10分と持たない。これ、中学生向けに書いてるんだけど。
それでも、この前の「仏像美術講座」と「成田山参拝旅行」とこの本が見事に繋がっていて、私の仏像への関心が、より深まってきたのだ。勉強もこういう方法なら面白くなれたのに。
と思っている間に夕飯支度の時間じゃありませんか。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-15 14:47 | 生き方 | Comments(0)

先日の葬儀で、2人で会計担当をしていた。短時間に百人台の記帳担当をしていたが、記帳されない香典があった。見たことのない名前であることは、勘でわかった。
これは記憶の分野ではないのかもしれない。
食事の支度で米を研ぐときの米や水の分量など、幾度となくやっていると勘でわかりますよね。あの類ではないだろうか。生き物が持っている生きるため必要な勘?が、人間にも残っているのでは。
話しがどんどん飛ぶんだけど、アメリカのFBI捜査官マクモニーグルの人間離れした透視など、不思議で不思議で。脳に詳しい方、教えてください。
[PR]
by taro012345 | 2005-02-13 18:06 | Comments(0)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧