<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

おやじがおやつ

おやっと思った。
この頃のオヤジは、仕事中におやつを食べるのが普通なのだそうだ。グリコの調査によると仕事中におやつを食べる男が9割もいるのだそうだ。これを採り上げたテレビのコメンティーターもそうだと応じていた。
え、いつからそうなの?
あみだでアイスを買ってくるとかあったけれど、個々の男がおやつなんて考えられない。私が古い人間、流行遅れであることは自覚しているけれど、この落差に驚いた。
ストレス解消法なのだろうけど、電車の中で化粧している女性に似ていて賛成できない。
世の中のエチケットもドンドン変わっているんだねぇ。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-29 23:30 | 世の中 | Comments(0)

年寄りの風上にもおけない

さるマンションの悩みが解消した。マンションの前の道路にいつも犬の糞が残されていた。
マンションの住人だけでなく、毎日ここを歩く人たちにもいやな思いをさせてきたヤツはどいつだ。
住人の監視で犯人はそれなりの年寄りだとわかった。こんなことをするのは若いヤツかと思っていたが、年寄も悪くなったものだ。
だが、現行犯でもないと注意も出来ずイライラが募ってきていたところ、最近その年寄りが現れなくなった。
年寄が亡くなったか、犬が死んだのだろうと住人は推測しているが、年寄であって欲しいというのがホンネである。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-27 12:51 | 生き方 | Comments(3)

孫が寝返った

政治家の寝返りのことではありません。ほんとの寝返りです。

娘からのメール
「○○は日に日に寝返り上達しているよ。
明後日日曜日の午後からそちらにむかいます。月曜日はいい陽気になりそうだね!」

親父の返信
「寝返りにはもっと時間がかかると思っていたけど、早かったね。
鉄棒のけんすいのようにちょっと支えてやると覚えが早いとかあるのだろうか。
次は空飛ぶんだから、羽ばたくまねしてやってみな。」

解説:4ヶ月の孫は近いうちにアンパンマンになるのです。
b0014392_23115226.jpg

[PR]
by taro012345 | 2006-09-23 00:14 | 生き方 | Comments(3)

学校はここまですさんでいるのか

あるマンションで駐車場のチェーンを盗まれたという。防犯ビデオに犯人の子供が映っていたので、学校に連絡したのだが学校の対応に驚いたと言う。

曰く「そんな細かいことに関わっていられない。警察に連絡してくれ。」といわれたそうだ。
日頃の学校では、大きな問題が山積していてその対応に追われているということだろう。
生徒が警察ざたになることへの抵抗もなくなってきた学校の様子がうかがえる。

私は、この件で学校を非難する気持ちになれないのだが、教育現場の荒廃の次が心配になる。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-22 11:05 | 世の中 | Comments(2)

老いなきゃわからない

評論家吉本隆明さんは、よしもとばななのお父さんなのだそうだ。
82歳になるから、あちこち老化現象が現れてきていて医療現場の老人に対する理解が画一的だと批判していた。

老人の「自分の意思」と「体を動かすこと」の間には、若い人には想像できない乖離があるという。思っても、体が動かないということだろう。
政治や社会を深く考えてきた吉本さんでさえ、この歳になるまでわからなかったというのだ。
小泉さんにわからないのも道理だ。

私は、お袋の不自由を身近にみているから多少なりとも分かっている気はするが、心の中まで
覗けないから想い図るしかないけど、これも私の想像を超えた寂しさなのかもしれない。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-20 15:19 | 生き方 | Comments(3)

敬老の日考

9月18日は敬老の日だった。。
敬老の日が祝日になったのは、1966年だそうだから、以来40年にもなる。当時と現在では高齢者の感覚は相当変わっている。その仲間入りをしたおかげで考えさせられた。

私を含め老人クラブに参加していながら、この名称にはみんな違和感を持っている。
まして、会員憲章の「私たちは、好かれる老人、話せる老人、役立つ老人になるよう努めましょう」など唱和させられると、止めてくれと言いたくなるのだ。

世の中の邪魔にならないよう生きてくれ、と言われているようでひがんじゃうよなぁ
これじゃ、老人クラブに入る人なんていなくなって当然じゃないか。
で、こんどの敬老会では、憲章の唱和を止めることにした。多分、全国、この憲章なんだと思う。いずれ憲章も変えなきゃ。

それでも娘から敬老の日のお祝いを貰っちゃったけど。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-19 00:18 | 生き方 | Comments(2)

生き方上手?

日野原さんの本の話ではない。
自民党の総裁選のことだ。安倍晋三さんで決まりそうだ。小泉反対派まで雪崩を打って安倍さん指示に廻ったとか。次期の人事で冷遇されたくないかららしい。参議院選に向けては、刺客を向けた元自民党議員を復帰させる話もある。
これらは政治の世界では日常茶飯事だが、企業でも組合でも町内会でも人の集るところではなにがしか似たようなことが起きている。この辺をかいくぐりながら生きるのに力を注げる人は、生き方上手なんだろうけど、私は苦手だ。いいふりこきだから。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-15 19:19 | 世の中 | Comments(4)

間というか糊代というか

カミさんがお世話になっていた方に手紙を出した。病気に気遣いのない患者も多い中で、その方は親身になってくださり、カミさんが頼りにしていた患者さんである。

本題はそのことではない。
長い手紙になったので料理の秤で量ったら、ちょうど25グラムだった。といっても、この秤は10グラム単位なのだ。で、近くのコンビニで再度量ってもらった。25グラムだというので限度一杯だが80円切手を貼って出した。

次の日、料金不足で戻ってきた。出すとき、大丈夫かなと気になったのだが、重さのチェックにも多少の糊代はあるはずと考えたのは浅はかだった。
10円切手を足して雨の中、郵便局まで行って量ってもらったら27グラムだった。いきさつを話してはみたが、当然却下。オレもひまだなぁ

職場でも会議室の貸し出し開始時間の10分前に部屋に入れるよう余裕を持たせている。主催者も開始時間を半端の時間に設定したくないとか、椅子テーブルの準備とかに配慮しているためなんだけど。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-14 14:09 | 生き方 | Comments(1)

息子の夢

仕事の夢ではない。寝てみる夢のことだ。
息子が、数日前三連続で親父の夢を見たというので心配して電話してきた。
とりあえずは、元気に暮しているから心配するなと言っておいたが、何時何があるか分からない
ご時世だから、地震と自転車には気をつけることにしよう。
のんき者の息子にしては、殊勝な電話ではある。
色気のない親父の夢なんか見ないで、仕事の夢か彼女の夢でも見ろってえの
[PR]
by taro012345 | 2006-09-13 01:05 | 生き方 | Comments(2)

お笑いライブ

昨日、私の職場であるホールでお笑いの公演があった。いつもは中高年の女性が多くを占めているのに、昨日は若い人たちでいっぱいだった。
若手のお笑いグループが6,7組でるのだが、私にはまったく分からない。いま、どのグループが売れてるのか聞いたら、「ザ・たっち」だという。で、その時間にちょっとのぞかせてもらった。

ピーコ兄弟の物まねで評判のようだ。うーん、テンポの速いショートコントなのだが、どうもこの手のネタでは笑えないのだ。一方、小さなお客さんが、「それ、知ってる!」とか喜んで声をかける。完全に我々の年代の笑いとは異質なものだ。お笑いは難しい!?

それとは別なのだが、お笑いの公演で未就学児お断りとしているわけが理解できた。TPOなしの、子供たちの率直な反応は出演者にとって、やっかいな代物なのだ。お笑いでも鑑賞マナーが必要なことを親御さんは教える必要がありそうだ。
[PR]
by taro012345 | 2006-09-12 01:31 | 世の中 | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧