<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

墓参りで会ったご婦人たち

平凡な日々だから、ブログネタなんてないのが普通だ。でも振り返ってみるとカミさんの墓参りの日には何かとネタができる。

先日も花を買って墓参りに行く途中、駅の近くで、職場のご婦人の群れ(といっても2人、騒々しい?ので群れのイメージ)に遭遇。
映画を見て、フランス料理をいただいたとか。日中からいくぶんアルコールも入っているご様子。うらやましいじゃありませんか。送別会の場所が決まったという話を聞いて別れたが、墓参りでもなかったら、のこのこついて行ったかもなぁ。

墓参りは、林に沿って静かな道を歩くので心が休まる。墓には息子の供えた花のほかにどなたかが花を供えてくれていた、誰だろう、近くで思い当たる人はカミさんの友人だけなんだけど。
近くといっても結構離れている人たちだから一日を費やしてくださったわけで、電話で聞いてみようと思う。

帰りの電車の中、向かいの座席にピンクの帽子、ピンクのバッグにピンクの飾り、ピンクのスラックスと真っ赤な靴で着飾った女の子が居眠りしていた。十代だろうかとそれとなく見ていたところ、むっくり起きた顔に仰天した。八十代とも見える細い黒ぶちメガネをかけた女性だったのだ。

聞いてみたかった。色白で細身の婦人なのでピンクが似合うといえば似合うのだが、どんな気持ちでこのファッションをしているのか。写真に撮りたかったが、そうもいかないので懸命に頭に納めた。残る人生、好きに生きたいという気持ちがそうさせたのだろうか。なんともほほえましいじゃありませんか。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-28 14:07 | 家族系 | Comments(2)

嫌いだからといって、小市民といえど避けられない政治の話。
国レベルでは、どうしようもない自民党とかやっぱり政権とれない民主とか言いたい放題の私だが、町のレベルになれば、しばし考える。

4月から娘の勤務が始まるのだが、孫の保育園はどこも満杯で受入れられず、やむなく無認可の保育園に滑り込むことになった。時に私が親代わりになるだろうに、バスで30分、さらに歩いて15分の保育園だ。

さる人曰く、議員に頼んであげようか、と親切なお言葉。町が違うからいいよ、と断ったもののこの時期日本のあちこちでありそうな話。
議員先生にすれば宗教とか口ききは今でも最たる票田だろうから、断われないのだろうね。
選ぶ人も選ばれる人も変われない日本、どこから手をつけたらいいのか。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-27 16:53 | 世の中 | Comments(0)

落語の人気度

先日、平日の日中なのに上野の鈴本が満席だった話しをした。
昨日わがホールでも立川志の輔のチケット発売を始めた。10時の発売なのに、7時前から待つ人もいて、発売までに60人ほどが並んだ。本格的な宣伝もしていないのに、今日で600余席は完売だろう。臨時出勤となった私にもうれしいことだった。
チラシ、ポスターの印刷代がもったいなかった、とは貧乏ホールの本音である。

明日は老人クラブの監査、あさっては花見を兼ねて皇居一周ウォーク。はじめての孫の守も仰せつかっているので、花見酒もほどほどにしなければ。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-23 23:13 | 生き方 | Comments(6)

主夫

近頃、主夫を意識してしまう事態が多い。
ブレザーのボタンがとれて繕いに出した。相当年数もたっているからだろう。劣化して袖のボタン
までとれてしまった。良く見ると皮のボタンなんだね。プロの値段は一箇所200円だそうだから、全部で1200円とのこと。

昨日は、職場のママたちにそそのかされて、豆ご飯に挑戦?出来上がりは、塩分不足だったが、まあまあの出来だと、自己評価。

勢いに乗って茶碗蒸しに挑戦したさ。ブログの仲間のご指南書を手元に置きながら、やってみた。これで2度目なので余裕のはずだが、どっかが狂う。すがたつというのだろうか、表面が滑らかにできない。できあがり7分の指南を5分にしてみたがすがたつのだ。それも、5分だと中は液体状なのだ。

次の日想定外のことが起きた。炊飯器の蓋が電気をつけたまま開けっ放しになっていた。
ご想像のとおりカチカチの豆ご飯になっていた。お袋には弁当を買ってきた。私もボケの始まり
かと悔やみつつ、帰宅後お粥にして私が食ってやった。
職場でご披露したら、私だけでないらしい。予備の冷凍品を持っておくようアドバイスされた。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-21 00:09 | その他 | Comments(2)

時間の感覚

決算といっても、老人クラブの決算なんだけど、会計担当の私は24日までに作って監査を受けるスケジュールが入っている。部屋に会計書類を散らかして、どうにか残金が帳簿と合って一休み。

これに、助成金をもらっている市役所向けの決算書づくりもあってこの時期社会の片隅で生きていても、こ忙しいものなのさ。
これが日本人らしい日々ってものでむしろ喜んでいる節がある。退職したらのんびりしたらいいのに、と息子が言うのだけどそうはいかない貧乏サラリーマン癖にちょうどいいのかも。忙しさを楽しむ?

どうも、これは男だけでないらしいことがわかった。職場の女性群でもその気配が濃厚なのだ。
手帖に空白があると落ち着かない、なんてこりゃあ、農耕民族の遺伝子がなせる業としか言いようがない。いつまでこの調子で生きていくのか。

もっともお袋を見ていると、テレビと寝るのとトイレの心配で一日を過ごしているのだけど、暇で、暇でという気持ちでもないらしい。
ひとつのことに我々の何倍もの時間を要するので、それでちょうどいい一日なのかもしれないのだ。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-20 00:06 | その他 | Comments(2)

前期高齢者としては

息子がアメリカに戻って、普通の暮らしに戻った。
今日は、老人クラブの例会である。ようやく買い換えたカラオケセットのお披露目の日でもあった。

古いCDだが、5000曲もあるらしい。試しに辛島美登里の「サイレント・イブ」を探してみたらあった。これなら、踊り・カラオケの好きな会員から苦情もでないだろう。

大道芸の名人にお出でをいただき、皿回しや南京玉すだれなどご披露してもらった。
私も皿回し(プラスチック皿)に挑戦してみたが、何とか廻るまではできるのだが、何度やっても皿の中心に棒を持っていくのが出来ない。
名人も趣味とボランティアの地域の人である。行動力に敬服する。

別途、私と同年代の仲間が語り合った。
「この年代、女はアチコチ出歩くのに、男はトンと見かけない。やっぱり家に閉じこもりだろうか。定年になったとしても元気な人たちが多いから、何か生きがいになることをしたいと思っている

だろうに。」という話からボランティアの話になって、「無償のボランティアでは社会に広がらない。できれば、現役のノウハウを生かした企業方式とすべきだろう。」という意見で一致した。
二人とも仕事を持っているのだが、この先どうなるか。

 皿回しの前にこれを覚えなきゃ
b0014392_23382100.jpg

[PR]
by taro012345 | 2008-03-16 23:39 | 生き方 | Comments(2)

疲れたど

今日、私の職場であるホールは辛島美登里のコンサートだった。
開催時には大雨になったが、お客さんの入りはまずまず。
我々スタッフは1時間もあるトーク内容は聞けなかったが、さるおじさんも聞きほれたというから、歌だけでなく話し方もじょうずなのだろう。

疲れて帰宅したら、現役当時の職場からメールで送別会の案内がきていた。まだ忘れられていないことに感謝。ボケるまでお付き合いさせてくださいと出席の返事をした。
4月は異動の時期、ホールでもその気配が濃厚である。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-15 00:54 | 世の中 | Comments(4)

3年ぶり家族が一同に

息子を成田で見送ってから、約3年、ということは3年ぶりの家族一同の再会でありました。
3年前カミさんは亡くなっていましたが、その間に娘が結婚し孫が出来、親父は年寄の介護をは

じめましたから、家族の環境はじわじわと変化してきました。
息子は、自分で選んだ道とはいえ辛い時期もあったようですが、今はそれを乗り越えたそうですから、傍目にはカミさんのことを除けば幸せな家族だったかもしれません。

今回は息子も仕事での帰国ですし、ボスの付き添いもしていたので、自分の時間は少なかったのですが、日本らしさは日本の味にあったようです。魚♪魚♪魚♪の毎日でした。アメリカの大味

には、今でもなじめないそうです。着るものより、電化製品より、食材を持って帰りたいと言っています。

一方で、4月から娘が職場に復帰するのですが、孫の保育園が決まらず困っています。爺さんも少しは世話してやろうと思っているのですが、爺さんの近くでは空きがないそうで困りました。
遠くても、アンパンのために頑張るぞ!

追伸 おふくろがアンパンを僕ちゃん!というのです
[PR]
by taro012345 | 2008-03-12 00:47 | 家族系 | Comments(2)

ウエルカム、ボス

息子のボスが始めて日本に来るというので、息子が浅草界隈を案内した後、私がすきやきの今半にご招待することにしていたのです。

それぞれ別行動で17時半観光センター待ち合わせだったのですが、時間が早いので伝法院通りを歩いていたら、それらしき二人組みが喫茶店にいるのを見つけました。ボスも私と目が合って、ピンときたらしい。

How do you do 以外は日本語で挨拶したのですが、息子が通訳してくれるので私は勝手に
話しちゃいました。後で聞いたら通訳も結構疲れるそうです。

てなわけで、予約時間より相当早く今半に着いたのですが、快く部屋に案内してくれました。
驚いたことに、ボスは始めての日本なのに箸も使うし、すきやきのなま卵もOKだったのです。

「能」や「火鉢」も知っていました。日本の文化に関心があるみたいでした。で、「能」の鼓の音を調整するのに火鉢を使う話をしてみました。私も最近知ったことなんですけど。
奥さんとの初デートが日本料理店だったそうです。これからも日本をよろしく。

子供さんお二人にけん玉とトトロのグッズをプレゼントしましたが、使い方が分からないと困るのでデモンストレーションしてやりました。膝の屈伸が大事なんだと伝えて貰ったけど、昔々のことで「もしもしかめよかめさんよ、世界のうちでおまえほどーー」、と歌えるほど続かなかったです。

でも、後で調べたら「けん玉」って、世界中に知られた遊びなんだそうで、ボスも知っていたのかも。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-05 23:43 | 生き方 | Comments(5)

冷凍食品売り場がガラ空き

スーパーでは冷凍食品が4割引だというのに、売り場はお客さんが一人もいない。
たぶん日本全国この調子なんだろう。
事件の真相は食品会社というよりは、悪意の犯人によると目されて日中警察の協力の成果が期待されていたのに、期待したのは日本の人の良さだったというお粗末。

たしか狂牛病の時も、似たようなことが起きたけど、灰色決着して吉野家のアメリカ産牛丼は復活した。日本得意の人の噂もなんとやらで、今回もいずれ同じ結果になりそうな。

この事件で日本の食糧自給率の話にまで及んでいる昨今だが、ラジオで聞いたところによると日本の自給率というのはカロリー換算結果を採用していて、それが40%台とされているのだ。

一方、他の国は重量比率なのだそうで、日本の自給率を重量換算すると60%台なんだとか。
なんでカロリー換算なのか知りたいところです。
[PR]
by taro012345 | 2008-03-01 11:07 | 世の中 | Comments(0)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧