<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

驚いた、あの高橋洋一先生が

う~ん、人は何を支えに生きているのか。
小泉首相と竹中平蔵を蔭で支えてきた元財務省官僚で現東洋大学の高橋洋一教授が、窃盗で書類送検された。

本人の著書によると、当時ほとんどの官庁・官僚を敵に回し郵政民営化などにまい進した小泉改革の立役者だった。国の埋蔵金はこの人の言葉だ。この本を読んだ私も一人の人間がここまでやれるのかと、感動したものだった。

最近でも経済政策について、マスコミを賑してきたお人である。それがなんと、スーパー銭湯で高級時計と財布を盗んで書類送検されたと言うのだ。
一部ではめられたという話もあるようだが、かりにそうであっても、この程度の餌にのってしまうものか。
あるいは、仕掛けた人間が高橋教授の弱みを知っていたということか。

あれこれ思案しているうち、超人的な思考の持ち主であっても、時に我々凡人以上に原始的頭脳が勝る場面があるんだと納得していた自分である。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-31 20:05 | 世の中 | Comments(3)

新年度も採用だって

2月だけでなく3月もあっという間に終わる。
3月後半もコンサート、老人クラブの決算・予算、ウォーキング、明日は職場のお別れ会。

いずれも自分が好きでやっていることだし、アラカンが世の中と関わっていれることに感謝すべきことに違いない。4月からは娘の体調も良くなってきたということで、孫の世話もたまにで良くなる。
ありがたいことに、この歳でも新年度、ホールの臨時に採用してくれるという。 
  
  今日の荒川。赤羽から埼玉川口方向を臨む。この辺の桜は三分咲きだった。
b0014392_0162792.jpg

[PR]
by taro012345 | 2009-03-31 00:28 | Comments(0)

コンサートは大成功

ニューヨーク在住のピアニストのコンサートが終った。私はホールの臨時職員としての応援だった。
クラシックのなんたるかも知らずに応援していたのだが、当初思わしくなかったチケットの販売も、当日は満席(約650)に近い入りこみになった。

まず、この雰囲気が私を酔わせた(事前に仲間と飲んでいたせいもある?)。当然、演奏の素晴らしさは、素人の私だけでなく、皆さんの評価でもあった。当のピアニストもお話が乗ってしまって、予定していた曲を弾けなかったという。ブラボーの声も挙っていた。

正直名前の知られていないピアニストが、都心でもないのにこれだけのお客さんを集められたのは成功だったと思う。臨時総ぐるみの地縁が効いたのは確かだ。
私の話を聞いて応援してくださったピアノ系ブログ「銀盤迷走」「かおる亭」さんや、地元子育て系ホームページさん、ピアニストのホームページへの投稿で盛り上げてくださったファンの方々に感謝、感謝である。

個人でも本気でやれば、これだけの人が応援してくれるということを確認できたことが一番の収穫だった。

ありがとうございました。
そういえば、公演が終ったあと、ファンがピアニストを囲んで、ありがとう♪、ありがとう♪って歌いながら踊っていました。
それに、ホールのリーダーがこの4月で栄転されるのだが、今回の成果は職場のチームワークの結果でもあるのでいい贈り物になったと思います。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-26 23:40 | 生き方 | Comments(3)

孫を連れていたら

3月は老人クラブの決算時期で、会計担当の出番である。床に資料を広げているところに電話が入った。
孫が咳はする、目やには出るで保育園から引き取り命令がでたらしい。爺さんにSOSだ。
おふくろの食事もありあわせ(いつものことだが)にして、アンパンを迎えに行った。熱はないのだが、寝汗がひどいと保育園の先生。

親からは、眼科に連れて行くよう指示されたので、自宅から保険証を持って電車で移動することになった。
ベビーカーに乗せて歩いていると、若い女性と何度か後先になった。何度目かに女性が声をかけてきた。
「可愛いお子さんだと、気になっていました」。どう答えたものか返答に窮した。ありがとう、というべきだったのか。

帽子をかぶせたから、日頃のアンパンに似合わず多少は可愛く見えたかもしれない。爺さんとの組み合わせがどう見えたのだろう。知らない人に声をかけることは、むずかしいことだけにほっとした爺さんでありました。

眼科は結膜炎ということで難なく終ったのだけど、咳き込んでいたのでアンパンの自宅近くで小児科を探したのだが、探すのにてこずった挙句、臨時休診というお粗末。疲れた。明日、我が家で引き取って小児科に連れて行くことにした。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-24 00:05 | 心の薬 | Comments(2)

笑顔がない

今年に入って職場でお客さんにアンケートをお願いしていた。40人弱のお客さんから回答があった。
それを集計した結果がでた。

職員のお客さんへの応対について、1良い 2普通 3悪い の区分で聞いているのだが、結果は、良いが7割、
普通が3割だった。私としてはこの評価に自信を持っていたのだが、お客さんの目は厳しい。

普通・悪いの回答には、さらに理由を聞いていて「迅速でない」や「敬語が正しくない」まで、7項目から選択していただくようにしている。
結果は「笑顔がない」の3件と「迅速でない」1件の回答があった。

残念、「笑顔がない」を回答者の1割弱も選択するとは想定外だった。
外の目でみれば、まだ改善の余地があるということで、この結果を大事に活かしたい、なんて経営者でもないのにおこがましいか。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-22 22:54 | 組織 | Comments(0)

このことはモラルの退廃か

とうとう私も反対していた定額給付金が、国会で成立した。2兆円超が経済効果も怪しいのに国民にばら撒かれるのだ。どうも選挙対策の臭いが濃厚なのだけれど、むしろ選挙にはマイナス効果になるのではないだろうか。

私はもっと有効な福祉介護や雇用の安定に寄与する使い方をしてもらいたいと思って反対していたのだが、給付が決まった今、これを辞退するつもりはない。我が家のテレビは、スイッチを入れても2分近くも映像が出てこない。11年度から、デジタル化されるテレビなのでこの機会に買い替えするつもりだ。

昨日の朝日新聞の経済コラムに、反対していた人が定額給付金の受給することについて、「身勝手なご都合主義」と断じていた。反対していた人たちがみんな給付金をもらわなければ、1兆円以上国の支出が削減されるかもしれないが、この政府を信用できるだろうか。

自分の身は自分で守るという国民の意志ではないか。これをモラルの退廃とするコラムの意見に賛成しかねる。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-21 22:54 | 世の中 | Comments(2)

北海道から来客

北海道からお客さん。カミさんの葬式以来2度目のことだ。
長女であるカミさんを含め6人兄弟の末っ子である。カミさんが特に可愛がっていた。といっても、今ではいい歳なのだが。

その娘たちが二人とも東京で暮らしているものだから、孫の顔を見るついで?に我が家に寄ってくれるという。大手の会社にいたのだが、合理化で職場は子会社化され、当然給与はダウン、なおかつこの不景気で職場の一時休業となった。その間を利用しての上京だという。

飛行機嫌いの男なので、相当の覚悟でくるらしい。当然、奥さんが道案内についてくる。宿泊を勧めたのだが、パック旅行なのでホテルがついているのだという。

私のほうも、この機会に部屋の整理をする。数日前からぎっくり腰の症状が出ていて、万全ではないのだが室内の鉢物もベランダに移し窓ガラスも洗って床のワックスがけまでしたので、なんとか部屋は整った。
当の夫婦は予定を大幅に遅れて到着、仏壇のカミさんもさぞ喜んでいるだろう。

明日は、娘たちがディズニーシーを案内するらしい。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-20 11:40 | 函館・北海道 | Comments(0)

元職場の同窓会?

職場の早番、孫の迎えをこなして元職場のメンバーが結婚すると言うので西新橋まで出かけてきた。披露宴ではなく、昔の仲間としてのお祝い会である。半分は同窓会?

皆さん現役真っ最中だから、忙しい毎日のようだった。会が終ったら職場に戻るという義理堅い人もいて、アラカン生活を謳歌している私としては、申し訳ない気もした。

聞けば、臨時職員の採用にかってないほど応募者が来たとか、息子さんが社会保険庁勤務でとても苦労されているとか、自動車の需要拡大に腐心しているとか、不安定な収入で結婚が難しいなど今の日本の問題をかき集めたような話になった。

私は酔っていたせいか気が付かなかったが、夜はかなりの強風だったらしい。翌朝はこちら方向の鉄道の全線が止まった。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-14 23:58 | 生き方 | Comments(2)

街づくり講座の発表が終った

週1、半年間の講座も今回の各自発表で終了である。発表者19人。
一人5分という制約の中で、みなさん内容はともかくよくやったと思う。
もっとも、講義された先生の意図とは別に、受講当初の自分の想いをまとめた内容がほとんどだった。

先生の講義は、これからいろんな取組みをしていく段階で活かされていくことかもしれない。
私は、「緑の自転車ロード」で街づくりと言うテーマで発表。住み良い街にするため、市街地を横断する自転車専用道路を核にした活動について話した。

パワーポイントとスライドショーで、それらしく発表すべく悪戦苦闘したのだが、会場でパソコンに取り込めず、やむなく印刷物での説明となった。
制限時間で終えた人は、ほとんどいなかった。結局1時間オーバーで22時解散。

各自のテーマをいかに行動に移すかが、課題である。人集めもさることながら、場所の確保も大変だ。
地域に関心を持つ前向きな人たちとの人間関係を築けたことが最高の成果だろう。
現実に活動している人もいて、行動力のある人の集りは魅力である。

今後も続けると言うから、街にとっても大きな力になるに違いない。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-12 10:18 | 生き方 | Comments(4)

来週の発表に向けてレポートづくり

こんな好天は、何日振りでしょう。おかげでおふくろのリハビリ通いも気持ちよく行き来できました。

今、雑多なことが舞い込んで、このブログに頭が働かないのです。
街づくり講座のまとめとなる、各自のテーマ発表が来週に迫っています。それなのにまだ、だらだらと下書段階で進んでいないのです。

地元行政の出先に行って、テーマのデータを聞いてきました。親切でしたが、こちらが力を入れているほどには、情報も得られず、さて、どうするか。あるデータでまとめるしかないな。

これから、保育園へ孫の迎えです。親が帰ってくるまで孫の家で手持ちの料理を食べさせて待っています。

やむなく、来週までこのブログを休みます。ま、どってこともないブログですから。
[PR]
by taro012345 | 2009-03-05 13:52 | 生き方 | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧