<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

江戸東京たてもの園を散策、桜は4月後半か

当ブログしばらくぶりの更新です。パソコンの不調でリカバリしていたのですが、ようやく回復してきたので、まずはご挨拶です。
一時はサポートセンターからデータの復元は修理部門でもできないと言われて、しょげていたのですが、どうも納得行かなかったのです。

この散策に参加したあと、考え直してやってみたら、データの復元ができたのです。
プロもいいかげんじゃありませんか。遠隔支援でこちらのパソコンを見れるのに。

一昨日の散策は元ボランティア仲間で予定されていたもので、当日はパソコンの不調でスケジュールも何も打ち出せず、うろ覚えでJR武蔵小金井駅にたどりつきました。視力の弱い同行者に迷惑をかけてしまいました。

でも、天候もよくて参加者7名気持ちよく歩けました。駅から20分弱でしょうか。
現地は広大な小金井公園内にある園で都内の古い建物を移設した建物が30棟ある。案内人もいて、13時半から全コース2時間弱で案内していただいた。
周りは桜だらけなので、開花期には見応え十分でしょうけど、さぞ込みそうな気もします。

帰りは、いつものとおり途中下車して、居酒屋での反省会となりました。いつまで続けられるものか。15000歩の散策でした。

  1,2枚目は暗殺された高橋是清の邸宅
b0014392_23543015.jpg
b0014392_23545558.jpg

  3枚目は庄屋宅、江戸中期
b0014392_23554427.jpg

  4、5枚目は大正14年のモダンな建築
b0014392_23562919.jpg
b0014392_23585539.jpg

[PR]
by taro012345 | 2012-03-30 00:07 | 生き方 | Comments(6)

なにから語るべきか

ここ数日、ばたばたしていた。こんな時間も3月末まで。そう思えば、貴重な日々なのかもしれない。

〇 先日は、さる女性の仲間からお招きを受けた。希望の場所を聞かれたので、銀座と言っておいた。
結果は、思いもよらない地の隠れ家だった。どうしてこのメンバーが、こんなところを知っているの?銀座ではなかったが、一言でいえば神楽坂の世界が思いもよらないところに出現したのだ。

相手が一人だったらメロメロになりそうな、雰囲気の世界。私のために、これまで考えてくれたのかと思うと、感激に打ち震えた。このことについては他言無用とされているので、あれこれ語れないが、もう一度行ってみたい隠れ家である。みなさん、ありがとうございました。

〇 一昨日のこと。現役当時の仲間との交流。
もう、10年にもなろうか。当時の仲間が定年で退職するという。お別れ会をするというので、声がかかった。いつものことながら、声をかけていただくことに感謝である。当時の職場は、いろんな世界のかき集めでできていた新しい組織だった。私も外様からの参加で、右も左もわからなかったのだ

が、みなさんに、よくしていただいて定年をそこで迎えた。

この件、続ける予定だったがパソコンの不調で、至急リカバリしなければならなくなった。
必要もないのに、画面がスクロールしてしまうのだ。老人クラブの決算もあるのに、エクセルがどこまでもスクロールし続け、データ処理できないのだ。ということで、数日ここもお休みします。
 
[PR]
by taro012345 | 2012-03-18 17:41 | 生き方 | Comments(5)

がれき受け入れが進まない

がれき処理が進んでいない。被災地だけで処理しきれないがれきをどうするか、広域処理の考えに各地で反対運動が起きている。

かって京都で被災地の松の木を燃やして祈ろうとした企画が反対されたり、沖縄で青森の雪のプレゼントに反対されていずれも中止された。これらの延長のような反対運動だが、がれき処理は被災地だけで処理できない量であることは、だれしもわかっていることなので、前二者の例とは異なる大事である。

私などは、受け入れやむなしの気持ちでいるが、反対する人の子細な理由も知りたいところ。
ネットで調べたら、反対運動のサイトがあったので紹介したい。
コメントも賛否入り混じって難しい判断になるけれど、総じて反対者のコメントは解決策の見えない主張で疑問がのこった。

それにしても野田首相が広域処理が進まないことについて、「日本人の国民性が再び試されている」と語ったとか。首相や原発村には言われたくねぇ。

放射能から子どもを守ろうin富山
[PR]
by taro012345 | 2012-03-14 00:29 | 世の中 | Comments(6)

皇后さまに先駆けての絵本画展行きだったが

昔から気晴らしの下手な私がこれと思って出かけた安野光雅の絵本原画展だった。後日、皇后さまもご覧になったというニュースを見かけたので、ブログネタにさせてもらう。

場所は板橋区立美術館、これがまた、閑静な場所にあって辿り着くのに難儀したことだけが、記憶に残っている。そこに行く前、職場で、絵本画家で有名だから女性なら知っているだろうと、安野を2,3聞いてみたら皆さん知らないという。え、幼児を育てた女性が知らないなんて、思わなかった。

とはいえ、私も現物を見るのは、初めてなので探検気分で現地に向かったのだが、電車を乗り換え、乗りかえしてようやくたどり着いたら、地図で紹介しているバス停の2番にバスが入って、今にも発進しようとしていた。
迷わず、走り込んだのさ。国際興業のバスも珍しかったし、待ち時間なしで乗れたことを喜んでいたのだが、

15分で着くにしては、なんか街並みが違う気配を感じた。運転手さんに聞いたさ。やばい(息子の口癖)!
、バス停2番でも別のコースだったのだ。こちとら、右も左もわからないところで、放り出されるとすれば、美術館に辿り着けないかと焦った。

ところがその運転手さん、親切だった。歩いて行くコースを教えてくれたのさ。コース外の美術館を良く知っていたものだ。おかげでさほどの時間を費やせず、閑静な町並みにある板橋区立美術館に辿り着いた。
道路際の幟に「不便でゴメン」と書いてあった。いかにも。

だから、ゆっくり見る時間もなくて気晴らしにほど遠い結果だった。どこまでも気晴らし向きではない人間なのだ。
天気が良かったのは慰めになったが誰かを伴っていたら、どんなことになっていたか。


b0014392_12542185.gif

[PR]
by taro012345 | 2012-03-13 12:57 | 生き方 | Comments(6)

職場での黙祷

早番の職場は、幼稚園の発表会で、全館貸切、天候も回復し幼児はもとより父兄もにぎやか、待ち時間までの騒がしいこと、親子してトイレに走る様を苦々しく思っているのは、同僚だ。孫を相手にしている私は、なれもあってか、こんなものかという感じ。それにしても、TPOはわきまえてほしいとは思う。

でもね、今日は3.11なのだ。手術したばかりの陛下もお出でになっての追悼式に、職場では、哀悼のポスターを掲示していた。私ら3人、上司の指示があったわけでもないけれど、園児の発表会が終った静けさのなか、同時刻に1分間黙祷した。私らを自ずとそんな気持ちにさせる日だった。

テレビも一日各局総力をつくして、震災1年を報道していたが、印象に残ったのは、朝日の「トモダチ作戦」とNHKの「ヨウ素データ」だった。お上に弱いと思われているNHKだが、原発に関してはよく報道しているんじゃないか。
[PR]
by taro012345 | 2012-03-12 00:18 | 生き方 | Comments(2)

おいおい、パソコンをリカバリしろって?

〇 連休最後だから、絵画も掃除もしたかったのに、パソコンが不調になって私のブログ画面が通常の3割幅になってしまったり、アイコンが消えたりインターネットのクリックをしても、おかしな画面が表示されるのだ。

サポートセンターに電話したら、あれこれ試したけど、症状は直らずリカバリせよとのご宣託。
オイ、オイ簡単に言うなよ、写真やメールのデータは全部消えてしまうから、事前に全てのデータはHDDに保存しなければならない。完全な初期化が必要だとか。

連休の最終日だし、当面は諦めた。順調に行っても2日仕事だろう。4月引退してからにしようと決めた。
とりあえず、コントロールパネルから処理できる復元を実行することにした。1月までさかのぼってみる。データには影響を与えないので、不調でも元々だ。

結果、タスクバーのアイコンとマウスのボタン操作が不調が残っただけで、回復した。どうもwindowsの改良とパソコンメーカーのソフトの相性に原因があるとにらんだ。

〇 二、三日前から眼がかゆい、鼻水が止まらない。暖気になって花粉症が始まった気配。去年の薬を服用して、なんとか治まったが、これからが本番、いい目薬はないものか。現役のころ、眼科で処方された目薬は効いた。薬名を覚えておけばよかったと悔いている。
[PR]
by taro012345 | 2012-03-09 15:50 | 世の中 | Comments(4)

なでしこ この複雑な勝負 4:3で負けた

とりあえず、サンスポのネットから結果報告、応援ありがとう。勝ちっ放しより学ぶことが多かったかもね。

アルガルベ杯決勝(7日、ドイツ4-3日本、ポルトガル・ファロ)なでしこジャパンが、2度同点に追いつくも、惜しくもドイツに敗れ、初優勝を逃した。
 世界ランキング3位の日本は、ランキング2位のドイツと対戦。前半20分、22分とドイツに立て続けにゴールを決められ、0-2とリードされた。

 しかし日本は前半35分、左サイドから上がった川澄が右足でシュート。ゴール右隅に突き刺さり1点を返すと、後半10分、田中のゴールで同点に追いついた。
 後半43分にPKで勝ち越し点を許したが、直後に高瀬のクロスを永里優が決め、再び同点。ところがロスタイムにオコイノダムバビにハットトリックを決められ、日本はW杯に続く2冠を逃した。

[PR]
by taro012345 | 2012-03-08 10:29 | 世の中 | Comments(2)

今夜、「なでしこ」 ドイツと決勝戦

〇 今日、22時から「なでしこジャパン」の決勝戦だ。この大事に大黒柱の澤が欠場なんだよね。
私ら、なにほどの助けにもならないのだけど、応援します。世界ナンバーワンのアメリカに勝ったんだから、きっと、宮間はやってくれる。日頃サッカーに関心のないみなさんも、ぜひぜひ応援してください。韓流ドラマを超越する感動が待っているはずです。
     
   3月5日アメリカとの試合で始めて勝利した歴史的一瞬、しかも澤抜きで。


〇 東北震災に私らは
3.11から、はや1年を迎えようとしている。復興が進んでいない。政治家のだらしなさはいうまでもないが、我々国民はどうなんだろう。自分の身に降りかかる事態になると、何と冷淡な対応ではないか。被災地のがれき処理は被災地だけで処理できないことは明らかなのに、どの町でも受け入れ反対運動が起きて頓挫している。

沖縄では、青森の雪のプレゼントまで拒否したという。福島の避難者の子供たちが虐めに合っているとか聞くと、絆、なんてどこの国の話なのかと思ってしまう。
人にはあれこれいうのに、自分はどうなんだと言われそうだ。ブログ「かおる亭」の活動に賛同して募金や紙

おむつなど送ってきたが、自分として被災地に応援しなければと思い続けていた。
今日になってしまったが、朝日新聞で募集している、親を亡くした子供や障がい者向けの募金に応ずることとした。少し肩の荷が降りた気はするものの、とうぜん、これで終わりにならない。
[PR]
by taro012345 | 2012-03-07 18:46 | 世の中 | Comments(4)

なでしこ 澤なしで米国に勝利

〇 すごいねぇ。大黒柱の澤が体調不良で欠場したのに、世界ナンバーワンの米国を1:0で破ったのだから。
前回のワールドカップ対米戦でみせた、コーナーキックの宮間と澤のシュートは、今でも頭から離れない見事なコース選びと足技だった。

今回は、同じコーナーキックの宮間と高瀬のゴールで見せてくれた。高瀬のシュートも見事だったが、今回も宮間の狙ったコースの勝利だった。
この強敵に対し、選手を次々交代させていった度胸?ある佐々木監督の采配が高瀬のゴールを生んだ。

死にもの狂いであるはずの選手たちが、笑顔で交代していたこともワールドカップの時と同じで、ハラハラして見ている私らにも深い感動を与えた。
試合後、米国の選手・監督のなでしこを讃えるコメントも、ワールドカップでも感じたことだが、
すがすがしく印象に残る言葉で爺さんは涙ぐんでしまったよ。さすがアメリカ、心が広い。

米国監督のコメント
「日本に追いつくには全体的にまだ課題がある。日本は女子W杯の時よりボール保持がよく、縦への推進力も増した。お手本のようなサッカーをしていた」

それにしても、ワールドカップで最優秀選手となった澤を欠いて米国に勝つなんて、信じられな~い!

〇 上の孫アンパンがインフルエンザ

下の孫が風邪が治って保育園に通い出したら、今度はアンパンがインフルエンザにかかって休んだ。
インフルエンザは医者の治癒証明がなければ、保育園に行けないのだとか。昨日、また勤務交代をしてもらって、アンパンの世話をしに行ってきた。職場に迷惑をかけるのも今回限りのはず。3月で辞めるのだから。

アンパンは平熱になっているので、うがい、手洗い以外は特別あれこれ心配することもない。爺さんは気楽に遊び相手をするだけである。
今回爺さんは遅番勤務なので、早退して帰宅した旦那に昼寝している孫を引き継いだ。

孫2が、保育園で寒いというので上着を届けてきたが、インフルにならないことを祈る。
[PR]
by taro012345 | 2012-03-06 11:36 | 世の中 | Comments(5)

決定できる民主主義

・タイトルは橋下徹大阪市長がめざす政治のスローガンだ。確かに、既存政党の論議はいっこうにはかどらない。
この現状をよしとする国民はだれもいないはずだ。既存政党で首相の首をすげ替えてもとても期待出来ないことは、国民も十分わかっている。

このにっちもさっちもいかない状況に、橋下は決定できる民主主義を掲げて大阪維新の会を立ち上げた。
橋下は既得権や次の選挙を念頭においた政治家では、改革できないと思っている。
小学校の留年制や参議院の廃止など極めて大胆な政策を打ち出しているが、これに賛同する人たちもけっ

こういるのだ。私の記憶では大前研一、堺屋太一、古賀茂明(元経済産業省)、中田宏(元横浜市長)、渡辺喜美(みんなの党)。もちろん、批判する人たちもそれなりにいるのだが。
維新の会の加入希望者は4000人弱、そのうち2000人台を会員にするという。これから国政に数百人を立

候補させるとか。既存政党が恐れをなすのもうなずける。谷垣、野田会談では、このことも語られたに違いない。
先日のテレビ討論では、橋下が生活保護の在り方とか、待機児童の解消について持論を述べていたけれど

惹きつけられる話しぶりだった。大阪市交通局の給与4割削減提案など市民でなくても驚きだったが、国民へのアピール効果は大きかった。それほど異常な給与体系だったのか、と思わせたのだから。

教育レベル向上策としての、改革には同調できないが、賛同できる分野も多い。今の橋下はそこまで考えていないだろうが、ヒトラーの再現になりませんように。

・明日は、上の孫アンパンがインフルエンザだというので、世話をしに行ってくる。
[PR]
by taro012345 | 2012-03-04 18:04 | 世の中 | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧