<   2013年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

それぞれの歳末

〇 寒さ続きで、花の種は芽を出したものの、育った気がしない。毎朝、お日様に当て夜は防寒しているのだけど。5種ほど育てているけど、狙いはポピー。チューリップが咲き終わった後に咲かせる作戦。ポピーは移植を嫌うというので、ポットに直接種まきを推奨していたが、私は、他と同じにトレーに播いた。ポットでも数ポット試しているが、芳しくない。

ポットへの移植は早めにしようと、小さい芽のうちにポットに移そうと暖気の日を狙っていた。
今日がその日だ。これから、ポットに移植するつもり。

〇 カミさんの兄からフィリピンに着いたと電話があった。31度の暑さだという。息子からも電話
があった。これから気分転換にタイのツアーにでかけるという。デモで混乱しているのに、タイだなんて特派員でもあるまい。それくらいなら、フィリピンで兄の通訳でもしてくれれば一石二鳥だったのに。
 孫宅に電話した。不在。家族で近くの温泉旅をしているのだろう。爺さんだけ、家で花の世話をしている。来年は、出かけるぞ~

ポピーの芽は小さいうちにポットへ移植してみる。買った種は出芽不足で
    もらった種は、いっぱい育った。
b0014392_14542575.jpg

[PR]
by taro012345 | 2013-12-29 13:15 | 生き方 | Comments(4)

缶バッチ作戦に暗雲

春のオープンガーデンに向けて、缶バッチを作って住民にアピールしようと作戦を練っていた。
ベースは評判のよかった花クラブのイメージキャラクタ。そのままでは使えないので、元職場のイラスト作成者に改良してもらおうと、ホールに行ってきた。

ところが、本人に事情があって改良は難しいことが分かった。やむなし。当方で改良することのお許しをいただいたが、すべてこれからになる。
帰りがけ、ホールの飾りつけをスタッフが一人で外していたので、私も手伝うことにした。午前中、マンションのツリーの飾りつけを外してきたばかり。助け、助けられの人の関わりが退職後も続いていると勝手に思っている。
[PR]
by taro012345 | 2013-12-27 12:50 | ガーデニング・まちおこし | Comments(7)

ボケ!25日にツリーをはずしちゃった

クリスマスが終ったらマンションの子供のツリーを外すことになっていた。てっきり今日だと思って一つ目をはずして、二つ目を外そうとしたら、管理人が、外すのは明日だと知らせに来た。
ボケ、確認もしないでとっかかったせいだ。しょうがない、組み立てし直した。
いよいよ確認が必要な年代になった、と爺さんは反省したのだが、この先も危ない。

午後から公園の花壇に、タネから育てた花苗をもらったので植えてきた。苗は小さいけど、我が家のベランダには大規模修繕で置いておけないのでやむなし。花壇が猫にかき回されないことを祈る。
この他にも、種から育てている苗もあるのだが、これはあまりに小さすぎるのでポットに移植できない。早くおおきくな~れ。

すべて目標は、春のオープンガーデンである。今回は春まで時間があるので、花クラブのアピー
ル用に缶バッチも作ってみたい。元職場のメンバーに描いてもらったイラストの評判がいいので、第二弾をお願いするつもりだ。いろんな人のお世話になって、花の活動が成り立っていることを思う。
これから月1の花クラブ新聞を作る。

      評判のイラストだが、このまま缶バッチにできない
 
b0014392_20525075.jpg
   
[PR]
by taro012345 | 2013-12-25 20:56 | 生き方 | Comments(4)

私のクリスマスイブ

  なんじゃ、これは?
b0014392_08327.jpg

〇 先日の絵画教室、先生がコーネルという画家の作品を元に、テーマの土台となる箱をたくさん作ってきてくださった。絵画とは違う立体感のイメージが膨らむ。小学校の夏休みの宿題で水族館を作った
思い出が浮かんだ。

箱をレトロの雰囲気に色塗りして、我が家にある目の前のものを取りあえず置いてみた。
なんか、舞台の演出をしているようにも思えるし、枠からくる制約感よりイメージが広がるのも面白い。どんな作品にするか、これからである。

〇 今日は、花クラブの新聞づくりするつもりだったが、天気がいいのでマンションの表通りのサルスベリ10本に、油粕と骨粉を撒いてきた。来年は必ず花を咲かせてやるつもりである。
中庭のヤマボウシにも撒いてみた。業者まかせでは咲かなかった原因の探究でもある。

公園縁の芝桜の手入れも開始。フェンスがないので子供たちが芝桜を踏んで公園に出入りするのだ。
60メートルもあるので、一気にはできない。気長にやるしかない。
子供用に歩道を作るしかないかも。

〇 クリスマスイブは、当然のごとく爺さん一人だが、NHK教育の「伊能忠敬」の偉業を観て、やる気満々になったさ。感情年齢も刺激すれば若く保てるとその道の人も言っていたし。
[PR]
by taro012345 | 2013-12-24 11:45 | 生き方 | Comments(4)

年寄軍団、夜の六本木へ繰り出した

元ボランティア仲間が、毎年この時期にはイルミネーションを観る会を催している。何時頃から始めたのか誰も定かでないくらい続いている。


20日、予報通り寒くて雨模様。今年は六本木界隈をイルミネーション見物のコースにしていた。
この時期、我々年寄が散策するような場所でもないけれど、仲間あればこそである。今回は6名が参加。
六本木の通りは、歩道の両側はイルミネーションで輝いていたが、オリンピックカラーの東京タワーは歩道から見えない。

タワーを入れて写真を撮りたい歩行者は、青信号になったら真ん中で止まって撮ることになる。
私もその一人だったけど、カメラの性能?もあって苦労のかいのない結果だった。

     
六本木ヒルズからミッドタウンまで歩いて辿りついたのは、六本木の住人が案内してくれたからだ。

ミッドタウンののイルミネーションは、日によって入場制限が設けられるほどの人気スポットだという。天候のせいだろう、思いのほか空いていたので、十分に観れた。カラーの変わるサイクルは10分間隔だろうか。
それにしてもLEDが普及してなければ、こんなイベントも省エネの面からひんしゅくを買っていたことだろう。

六本木の居酒屋で、懇談。奥さんが施設に入ったので初めて参加の仲間もいた。かってボランティア活動をしていた仲間、もう20年ものお付き合いになっているらしい。(私は中途から)
マチュピチュへの旅行は体力的に難しいけれど、国内クルーズならいいという仲間が多かった。

20周年記念と銘打って、やってみる手もありそうな。ハーイ、私、手を上げます!
      
     ミッドタウンのイルミネーション 最後は奥が赤に変わる
  
b0014392_20372662.jpg
 

      
[PR]
by taro012345 | 2013-12-21 16:46 | 生き方 | Comments(6)

私の年の暮れ

今日は、予報通り寒さがきつくて雪になるかもしれない。
室内が朝20度を切ったのは、今冬初めてだ。

〇 例年なら、年賀状づくりに悩んでいたのだろうけど、おふくろが亡くなったのでそれがない。
公的行事も、老人クラブの忘年会も終わって、残るは元ボランティアとの都心イルミネーション見物
だけ。余裕の年末になりそうだ。

これから北海道の親戚等にお歳暮を送って、形だけの自宅用おせちを予約するつもり。
それと、部屋とベランダの片づけ。大規模修繕に向けてベランダをまっさらにしなければならない。
我が家ほど、散らかっているベランダはないらしい。鉢物だけでなく、床ブロックや自家製物置、棚

、物置のなかにある雑多なもの。花のタネも芽を出してきたのだが、鉢に植え替えて、会員に預かってもらうとか。時間があるなんて思っているうちにどんどん日がたつのは目に見えている。

〇 今、こだわっているのはマンション表通り。イルミネーションは入居者の理解を得られた。
 次は、通りの植え込みを花木で飾ること。マンションの花の会では理解され、有志の負担で花の植え込みや寄せ植えも実現したので、1歩前進している。ここに至るまでも、反対の声も聞こえてきた

のだが、やって見せることで理解者を増やそうと取り組んできたものだ。いつまでも花の会有志の持ち出しとはならないのは当然だ。
これに絡んで、表の垣根にあるサルスベリ7本、本来なら7月から10月まで見事な花が咲いている

はずなのに、とんとその気配もなく、誰ひとりサルスベリがあることさえ知らなかった。
来年は、必ずこれを咲かせて見せようと目論んでいる。
咲かない原因をネットで調べたら、1うどんこ病 2肥料 3枝の剪定方法 4日当たり、にあるとみた。
中庭の、ヤマボウシも全く咲いたことがないのは、造園業者の怠慢か?

年に4回も手入れに来ているのに、うどんこ病が蔓延していた。プロも当てにならない現実、というか我々も気にしてみていなかったのだ。

     これが夏中咲いているはずのサルスベリ
  
b0014392_166550.jpg

[PR]
by taro012345 | 2013-12-18 11:52 | 世の中 | Comments(4)

公園にハボタン、息子来宅

昨日も好天、市から公園にハボタン60株が届いた。花クラブの会員9名で春向けの花壇手入れとハボタン等の植え込み。作業中の写真を撮って、報告しなければならないのだけど撮り忘れてしまった。とかあったけど、午前の仕事が無事終了で満足、満足。

息子は、仕事で幕張に来て、ついでに我が家に寄ったのだ。いつものことだ。
カミさんの墓参り程度はするが、正月に帰省なんて殊勝なこともない。
いまのところ、それでいいと思っている。

それに、今日は私が午後からマンションの大規模修繕の業者選定と理事会の長丁場。息子は都心の友人に会いに行った。
[PR]
by taro012345 | 2013-12-14 09:34 | 家族系 | Comments(2)

閉じこもりの一日

〇 今日は寒かった。これからさらに寒くなるらしい。やっぱり、昨日公園にチューリップの球根(70個)を植えてきて正解だった。
この13日に市から葉牡丹60株届けられるので、その日を花クラブの例会にして、球根など併せて植えようと思っていた。けれど、今日から寒さがきつくなる予報だったので、昨日、近くの会員と球根だけ植えてきたのだ。

なんたって、市主催のオープンガーデンには、チューリップがこの公園の売り、なのだ。チューリップは花の時期が1週間しか持たない。
オープンガーデンのイベントに花を咲かせておけるか、も課題である。

葉牡丹だってオープンガーデンまで持たないから、その次の準備も必要だ。次々、花が必要になるので、花のタネも育てているけど、撒いた時期が遅いので、ちゃんと育つかどうか心配。今のところ、ポピーだけ芽を出してくれたが、この寒さなのでね。

〇 かたやマンション、中庭花壇の補植をしていくぶんきれいになったと喜んでいた仲間の一人が住人に中庭がきれいになったでしょう、と声をかけたら「あまりやりすぎないで」と返されたという。マンションのイルミネーションを点けた後の中庭手入れだからだろうか。
「笑い飛ばすしかないね」と慰めてはみたが、良かれと思ってやっても人によっては、いらぬおせっかいになるのだろう。
[PR]
by taro012345 | 2013-12-10 20:33 | 世の中 | Comments(7)

SOS第二話

b0014392_2314797.jpg
 いつもは孫のSOSメールなのだが、今日の話題は自分のSOS.
先日、老人クラブの役員会で配布された小旗が「SOS手を貸してください」というハンカチ大の黄色い小旗だった。

日頃、これを持ち歩いて何か身に起きた時に、救いを求めるのだそうだ。
実際、これで助かった人もいるそうで会員全部に配ることになったのである。
事前に血液型など書き込んでおいて持ち歩くもので、徘徊者にも役立ちそうだ。私もそろそろらしい。

〇 今日は、マンションの花の会イベント。中庭がさびしいので花の補植をする日。8名の参加で
天気もいいし、みんな気持ちよく植え込みができた。私は、アンパンの音楽発表会もあるけど、親が出席できるので、花の会を優先。
 それに、大規模修繕に合わせ、中庭の花壇をシックで金のかからない花壇にしようと検討中で、たたき台を作ってもらった。次回は会の意見をまとめて理事会に提案したい。

〇 今、寅さんの吉永小百合版を背中でやっている。倍賞千恵子のミニスカが、72年当時、時代にマッチしていたというのも不思議な感じ。でも、それだけで懐かしい。
  マンションの花壇植え込み
b0014392_2257246.jpg
  
[PR]
by taro012345 | 2013-12-07 22:57 | 世の中 | Comments(6)

SOSのメールは孫の風邪と決まっている

昨日の予定は、公園手入れのサークル花クラブ新聞を作る予定だった。が、急きょ孫2が風邪をひいたというので、世話をしてきた。
孫宅への途中、婿さんと偶然駅で行き会ったが、お互い手をあげてバスの運転手同士が合図を交わす

のと同じ仕草だ。
婿さんは、いつも早出勤務で帰りを早く帰らしてもらっているらしい。自転車で出勤する娘にも会った。爺さんが家に着かなくても、出かけられるだけ孫たちが成長したということ。

孫2を病院へ連れて行く途中でも、自転車の奥さんたち4人とあいさつを交わした。といっても、私が知っているわけではなくて、孫2を見かけた奥さんたちが声をかけてくれるのだ。孫パワーである。

病院から戻ったら、孫宅のパソコンで新聞作りに取り掛かろうと思っていた。ところが、パソコンのパスワードがわからず起動できない。孫宅では新しいパソコンに更新していたのだ。
新聞は月1の発行としていて、11月付けの新聞にするつもりだったのだ。

やむなし。昨夜、なんでか眠れなかった元をとることにした。孫2は一向に寝る気配がなく、一人遊びをしていた。爺さんは寝た。

婿さんが帰宅したのを待って我が家に戻る途中、電車から見えるはずのマンションのイルミネーションを見忘れてしまった。マンション内でもなかなか評判がいいらしい。
[PR]
by taro012345 | 2013-12-03 12:57 | 生き方 | Comments(8)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧