<   2014年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

マンション花壇の花移植

29日の土曜日。前日夜中までかかって、老人クラブの予算、決算作成完了。市役所向けも。
 
晴れ。10時から理事会の自転車抽選会。12時から、造園業者との打ち合わせ。自転車抽選会は終わらず中座した。
抽選会は、管理人が作った配置をパソコンに転記する作業に大方を費やして、出席者の多くは何もすることがない。
基本条件を事前に決めておく。入力作業は担当者2,3人で事前入力する。その結果出てくる課題を理事会メンバーで決める。
ことにしたらどうか。それにしても、全国のマンションでこんなことをしているのだろうか。

14時から、大規模工事の足場で見られなくなる中庭花壇のパンジー類を表道路側に移植。YさんとTさん親子が手伝ってくれた。
道路の緑地帯には、先日芝桜を縁に植えて今水仙が満開、もう少し違う花を植えたいところだが、花が足りない。
オープンガーデンのイベント巡回コースに含めたいのだが、水仙もオープンガーデンまで持たないかも知れない。
  
16時から街づくりの集まり。新規加入者Tさんの紹介と次年度計画の打ち合わせだが、活動する人を集める方法とか話は、
あちこちに飛んだ。
毎回、問題になっている100名以上いる講習修了者の集いはOB会とすることで、今後活かそうと我々の集まりは考えて
いるものの、主催者がなぜか動かない。その後新規加入者を含めいつものイタリアンで懇親会。
b0014392_09503407.jpg
                  



[PR]
by taro012345 | 2014-03-31 10:03 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

急きょの公園作業はタイミング良し

曇りのち雨。公園2か所とケアハウスの屋上庭園に植栽作業。
花クラブ会員には急遽のお知らせだったが、10名の参加。助かった。
Sさんは孫の世話を兼ねて参加、お孫さんも喜んで手伝ってくれた。このような機会がたくさんあればいい。

4月20日は、子供会のイベントに合わせて別の公園の植栽も話していたところでもある。
昨日、寄贈された花苗を市役所の職員が我がマンションまで運んでくれた。バーベラとペチュニアのトレー7個135ポット。
今朝、台車に自作の棚を積んで花苗を運んだ。
 
午後から雨の予報で危うくセーフ。今年は天気に恵まれている。
前回も最小限だが苗を植えこんでいるので、今回は苗が余るだろうと読んでいたのに、花壇の外を耕して植えこんでしまった。
結果、去年の風景とは様変わりのにぎやかな花壇になった。

別の公園は、自治会長とKさん担当。運動公園なので外回りの補植である。
ケアハウスは私とTさんが公園が終わってから植えこんだ。イベント時の巡回コースで売りにしている屋上庭園なのだが、ハーブが多くて花が少ないので植えさせてもらったのだ。

重労働でもないのだが、帰宅したらどっと疲れがでた。ご褒美に本物のビール。結局、今日もベランダ片づけしなかった。
ベランダは足場の組み立てを始めていてうるさい。
夕食、レトルトのグラタンとしたが美味しくなかった。これならホッケのほうがいい。
明日は、予算の残で公園の肥料や薬剤を買ってくる。老人クラブの決算も。

カミさんの墓参りはできなかった。
b0014392_20070223.jpg
 


[PR]
by taro012345 | 2014-03-26 20:08 | ガーデニング・まちおこし | Comments(4)

最悪の失態

孫の迎えを忘れてしまった。今日は夕方学童に迎えに行って、その足でヤマハ発表会の練習に付き添うはずだった。
午前は明日の準備などあれこれあって、午後大規模修繕の仕事でホームセンターに買い出しするときには、これが終わったら迎えに行こうと思っていたのに、買い出しが終わったらすっかり頭から抜けていた。ベランダの片づけを気にしつつ、テレビをみてしまった。

学童から電話がきた。その時には、ヤマハの練習予定時間をとうに過ぎていた。慌てて、ヤマハに遅れてでも練習させられないか電話したが、できないという。
やむなし、学童までタクシーを飛ばして、孫を引き取った。孫に関してこれほどの失態は初めてだった。気の小さな孫だからほんとは泣きたいところだったろう。暗い夜道を黙々歩く孫。これからは、その日の仕事をテーブルに書きだしておこう。自分が思う以上に能力は落ちているのだ。

[PR]
by taro012345 | 2014-03-25 23:00 | 家族系 | Comments(5)

絵画教室とベランダ片づけ

 
晴れ、風が冷たい。今日も絵画教室。玩具のブリキ、構図がよくないので書き直しているが、これもいまいち。
たまには色塗りまで行きたいが、できなかった。最大の課題は構図。極めてたやすい素材だと思っても描けない。
情けない。基本がなっていないということだ。それでも、この時間は安らぐ。Iさんから紫菜花(花ダイコン)の鉢をいただいた。

娘からSOS。25日火曜日にアンパンのヤマハの発表練習をするので、学校へ迎えに行って付き添いしてくれという。夕方のみ。
ベランダの片づけも進んでいない。鉢物だけでけっこうかかる。不要になる鉢類の土だけで3袋で納まるかどうか。
この土は捨てられないから、中庭で再生土にするのか、結論が出ていない。100戸でどのくらいになるか、

我が家は45キロだとして、各戸5キロとすれば100戸で0.5トン~1トン弱になりそう。これを再生土にするには
、青シートにさらして殺菌、さらに黒袋に入れて滅菌さらに苦土石灰・培養土を混ぜて酸度を緩和して、再生土に
する。誰がやる?
これ以外の方法は?土を処理するシステムもあるらしいから業者にやらせるべきか?
近くのマンションで大規模修繕をしているUさんやSさんに聞いて見たら、業者が処理した様だ。

[PR]
by taro012345 | 2014-03-22 23:29 | Comments(2)

小保方さん問題で若手研究者に陽があたるだろうか

〇 今朝は、寒さと雨降りなのに、花粉症の症状は昨日にも増してひどい。とうとう絵画教室の仲間から聴いた塩での洗浄に挑戦してみた。
彼は3年で症状がなくなったというのだ。ネットで塩水洗浄を探すと、あるはあるは。中には10年以上も続けている人もいて、私も重症なので3年で解消とはいきそうもない。

塩水は0.9%だけど、少ないとツーンとくるので多少は多めを意識して作る。眼は薬用の容器を利用した。鼻は手元にあった吸い飲み(薬呑器)を使った。0.5リットルを作るのに容量がわからず、これも手元にあった哺乳瓶で100CC5回として0.5リットルの容器をみつけた。
鼻は上を向いて片側に入れる(吸い込む)と反対側から塩水と鼻汁が出てくる。今のところ鼻水は治まっている。

〇 リケジョ小保方さんのSTAP細胞論文は、共同著者の論文撤回提案で、抑制気味だった報道も一気に火がついた。
世界中の研究者が酸で処理する簡単なはずの実験結果が再現できない疑問。その後、本人の博士論文でも盗用が20ページに及んでいたとか、異なる実験の写真がSTAP論文に使われたとか出てくるに及んで、理研も調査委員会を設けた。中間調査の段階だが、理研理事長の「未熟な研究者」発言まで飛び出した。これを待っていたかのように、週刊誌は、裏情報を書きたてている。

多くの若手研究者にすれば、理研で30歳のユニットリーダーなんて高根の花だが、このポストを与えたらしい上司は、「人を見る目」が大事だと毎日新聞に語っていたという。




[PR]
by taro012345 | 2014-03-20 11:51 | Comments(2)

マンションにも芝桜の通りづくり

 今日は春一番、風が強いけど、マンションの表通りも花で飾ろうと芝桜を道路の緑地帯にも植えた。ひと月たてば歩道の両側が花で飾られる、と期待している。
いつもの公園沿いの通学路は芝桜が昨年開花した実績があるので、今年はどれだけ広がりを見せるかである。もう一つの公園もパンジーの通りが実現してきた。
町内のそれらしい通りを花で飾ろうと目論んでいるが、ひとりで出来ることでもなし、見本を作って共感を得る作戦だ。

大規模修繕工事が始まっているので、自分のベランダの片づけも必要なのだが、花の時期も間近なので外まわりを優先することになる。マンションの監視カメラも工事で位置を変更するとか、終わったら15時。これからコーヒー飲んでベランダ片づけに入る。

[PR]
by taro012345 | 2014-03-18 15:31 | Comments(0)

アジサイの挿し木苗が踏んづけられて

 
〇 14日は早朝にSOSの電話。孫2が咳をして息が苦しそうだという。また風邪だろうと、いつものクリニックへ。なじみになったお医者さんが聴診器で音を聴かせてくれた。ヒューヒューという音は喘息なのだという。4歳になって発症か。大人でもなるそうだから不思議ではないが、重症化しないことを祈るのみ。併せて風邪なので、鼻汁を吸い取ってやると先生が器具を取り出したら、ビビッて痛い痛いと恐怖の大泣き。爺さん、看護師さんで押さえつけて処置完了。ペロペロ飴をもらって機嫌が直った。

〇 芝桜の垣根代わりにロープを張っているのだが、子供たちに踏み荒らされるので、ツツジが枯れて穴の開いたところに、アジサイと宿根草を植えることにした。併せて通り抜けできるカ所も竹で作った。なのに、アジサイが踏んづけられていた。アジサイと言っても去年挿し木したアジサイなので、高さ15センチ程度で葉っぱもか細いものだから、関心もない子供にとって支柱を立てても目につかないはず。子供を責めるのが無理というもの。
さらに、あと数年は草刈り業者に見落としされないようにしなければならない。

 垣根にしたい宿根草デージー、早く大きくな~れ                         
b0014392_09121211.jpg



[PR]
by taro012345 | 2014-03-17 09:09 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

気持ちよかった公園作業

昨日は、今年いちばん?好天で穏やかな日だった。花クラブが公園で苗を植える予定日だった。この日の参加は8名、気持ちのいい土いじりになった。カンパニュラやポピーは群状にしたかったけど成り行きで列状に植えられた。花壇は列状植えと思っている人がほとんどなので、やむなし。並べればきれいに見えるしね。
きれいになったね、とみんな満足していた。それだけ、今迄の花壇がみすぼらしかったことでもある。
皆でやることはメインの作業なんだけど、細かい仕事はこのほかにもあって、午後からは一人で作業。夕方までかかったが、その気になったのもこの日の天気がよかったから。

今日は、予報では関東太平洋側が大荒れで立っていられないほどの強風とか。今はガスのかかったような雨模様。昨日の作業でよかった。
公園作業も気になるが、おとなしくしていよう。003.gif
[PR]
by taro012345 | 2014-03-13 11:08 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

小さな別れ

〇 8日、先週の土曜日は、孫たちの両親が仕事で親の代行を頼まれた。いつもの風邪とかではないし、天気もいいから自転車の練習を提案したら、キツネ公園がいいという。徒歩10分弱の公園は、親子が10組ほど。爺さんにしてみれば、ありきたりの滑り台やブランコ鉄棒なので、すぐ飽きると思うのだが、ただ走っているだけでも楽しいらしい。

孫二人が遊んでいるところに、よだれかけをした男の子がチョコチョコ寄ってきた。どこへ移っても、走っても後についてくる。友達になりたいらしいが、気づいている孫たちも話しかけるでもなく、勝手に遊びまわっている。どの親なのかしれないが安心してみているのだろう。
爺さんも時間を持て余して、公園の木の枝の違いを比べてみてみるのだが、枝の違いは分かっても葉っぱのない木の名前はわからないものだ。

小1時間たって、孫たちに帰りを促したらしぶしぶ承知した。帰りがけ、振り返って幼児を探したら赤ちゃんを抱いたお母さんとこちらを見ていた。孫たちが手を振ったら親子で手を振っていた。爺さんも手を振って別れを惜しんだ。
                      
b0014392_13074017.jpg
b0014392_13083477.jpg
 〇 昨日はマンションの大規模修繕の説明会。業者が説明するので役員の出番はほとんどないのだが、会場担当は私だった。公民館の60人部屋を頼んでいた。
 いつもの総会では、30人程度だったので、2倍もあればと思っていたのは間違いだった。業者も含めたら100人近くになった。他人任せにできないということだろう。急きょ、椅子テーブルの追加を頼んだが、30人の椅子が追加限度だというので、業者さんは立ちっぱなし。

 当然洗濯、網戸、駐車場、ベランダ、ゴミ、いずれも日常のことばかりの質疑だった。それでも、特別もめることもなく2時間ほどで終了。土は産廃で引き取れないとか。放射能のせいだろうか。
 役員は片付け後、外壁タイルの見本3種から意見交換。微妙な色違いだが部分的な貼り替えなので、マンションに戻って再度現物と比べてみた。タイルの褪せ具合も日当たりの程度で違うから、ずばりとはならないが、貼り替えが目立たない種を選ぶことになる。全員、中間の色合いを支持した。これから本格生産に入るという。

 私もいよいよベランダの片づけに入る。鉢物、敷板、自作の物置。マンションで我が家の片づけが一番多いのではないか。




[PR]
by taro012345 | 2014-03-10 13:08 | 心の薬 | Comments(4)

人間は「取扱注意」、に納得

新聞の切り抜きしていて気付いたこと。社説と天声人語を切り抜くことはほとんどないのだが、2月27日の天声人語は切り抜いた。

政治学者の丸山真男が言っていたことだという。人間は性善でも性悪でもなくて、善い方にも悪い方にも転び、状況によって天使になったり悪魔になったりする「取扱注意」なんだと。
といわれれば、納得の2乗である。この日のテーマはウクライナの前大統領ヤヌコビッチが住んでいた豪邸の様子と権力の話題だった。

私は人間=取扱注意、に惹かれて切り抜きしたのだけれど、ここ数日でも花火帰りの中学生を殺害したとか、柏市で連続4件の事件を起こして一人を殺害したとか、ゴーストライターを使っていた佐村河内とか、人はどうしてこんな事件を起こすのか。

ほんと、人間は取扱注意なものだと思う。
[PR]
by taro012345 | 2014-03-07 23:18 | 世の中 | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧