<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

すべてに半端は、わが人生

人生終盤を意識するようになったのに、相変わらず半端な行動の日々。
もう、残り少ないんだぞと自分を叱咤している。
土曜の絵画サークルは野菜から次の課題観葉植物に移っていた。2テーマとも中途半端のまま。

昨日こそ仕上げようと思っていたのに、急きょ、初歩の英会話セミナーがあるというので、新宿まで出かけた。これも、前段はあったものの、メールが来たのは開催当日だったのだ。
普通ならこんな非礼?とも思われるメールの誘いに、応ずるわけもないのだが以前から気にかけてい

たことだったので、出席を即決した。
新宿や渋谷なんてほとんど出かける機会がない。数年前絵画サークルで新宿御苑に行ったきり。
なので土地勘がほとんどない。会場を迷って探し歩いて、30分ほど遅れてしまった。
詳細地図を印刷しておけばよかった。ガラケー爺さんを悔やむ。

新宿の駅近くでもこんな汚いビルがあるとは恐れ入った。
このセミナーでは、学校教育の欠陥を指摘する。決定的にトレーニングが欠けていると。東大法科を出て就職しても、中学レベルの会話ができない現実。昨今は幾分変わってきているが、良く聞く話だ。また言語の周波数の違い。日本語は、世界で最も周波数の低い言語だという。日本語向けに出来上がった耳は、英語を聞き取るのに不利であること。この解消策。

とか、あれこれ説明され解決ソフトも体験した。いわば洗脳かもしれない。
究極、すべてのベースが中学英語、に惹かれてその気になったのだ。
新藤兼人監督が90歳過ぎてロシア語を学ぶという意欲を見習いたいとも思った。

セミナーの時間が大幅に超えて、会場をでたところで、あの豪雨・雷にあってビルの出口で30分足止めを食らった。この時間があれば昼食摂れたものを。
みんなに笑いものにされるかもなぁ。
[PR]
by taro012345 | 2014-06-30 20:09 | 生き方 | Comments(3)

手間のかからない庭づくり講座初日

昨日、晴天。
午前は、マンション中庭改造の最終打ち合わせ準備。

13時半から市内の公園でナチュラルガーデン講座初日。受講料5千円。
1時間前に出るつもりが、開始まで40分ほどしかない。自転車だったので何とか間に合った。汗だく。
参加者は、私以外はすべて女性。

え、え~、え~。NHKドラマ「ベランダー」田口トモロウの驚きの表情になっていたかも。薔薇の寄せ植えなんて項目があったので男がひいてしまったのか。
私は、公園やマンション中庭の手入れで手間のかからないノウハウを身に着けたいと思って受講したのだ。

講師も女性だが、経歴を見ると庭づくりのプロらしい。
この日は、薔薇を接ぎ木した3年物を配られ、剪定の実習と先生が設計した公園花壇の見学だった。期待にかなう内容になりそう。
剪定した薔薇は二度目が7月に咲くらしいので、マンションの中庭に植えてやろうか。工事終了後で引き立ちそうだ。
今、中庭も公園も、多年草と低木が欲しい。当然金をかけないで。

鉢は号数かける3で直径㎝がわかるという。この日一番役に立ったこと。
昼も食べずに受講した甲斐があった。
                      
     
      


b0014392_2215245.jpg

[PR]
by taro012345 | 2014-06-27 21:38 | ガーデニング・まちおこし | Comments(4)

昨日は何をしたんだろう

雨。外仕事はしないと決めた。
ベッドで昨日買ってきた「資本主義の終焉と歴史の危機」を読んでみた。汗水たらした実体経済を金融が狂わしている。この先どうなるのか、なんて年寄の心配事でもないのだが。

床屋も限界、行かなければならないのだが、駅近くのいつもの床屋はスタッフが全員変わっていて、あまりに雑な散髪だったのでもう行く気がしなかった。
別の床屋を探していたのだが、それも入ってみなければわからない。この床屋は2千円だが、60歳以上は300円引きだった。ここに10年も通っただろうか。

今日は自転車で別の床屋を探しまわった。店の外見では決め難い。価格表示されている床屋で地味な店が交通公園の向いにあった。
カット3500円、理髪の椅子はひとつ。30年以上ここで営業しているという女性。ご主人と娘さんの暮らしとか。
我が花クラブが手入れしている公園で、太極拳をしているというから、お目にかかっているはず。気持ちよく散髪してもらった。次回からはここにしようと決めた。

孫宅の世話をしてから、扁桃腺がおかしい。前回もそうだった。孫の親たちもずっと不調だと聞いていたが、部屋の換気が悪いのではないかと勘ぐってみる。
今、風邪薬を飲んだら症状が軽くなった。


[PR]
by taro012345 | 2014-06-25 00:28 | 生き方 | Comments(4)

マンション工事確認、老人クラブ会計、孫の世話

雨。
マンションのうどんこ病も二度薬散布したのに、再発していて気になるが、雨の予報だったので雨が治まるまで待つ。
サルスベリだけでなく全体に散布したのだが、薬が少なかったか。
公園には、芝桜の隙間にランタナ、アジサイ、デージーを植えて、通学路の花の咲いている時期を長くしたいと思っていた。
先日自治会長から、自宅のランタナを寄付するというのでいただいてきた。
鉢に入っているが大きすぎるので、株分けしてやる腹積もり。あるいかマンションにも使えるか。まずかったら表の緑地帯に移植してもいいだろう。

ランタナを思いだせなかった。思いだすまで3日かかった。歳のせいはもちろんあるが、植物のカタカナ名はそれでなくても覚えにくい。せめてボケ防止に役立っていればいいのだが。
〇 昨日は、理事会、大規模委員会で工事の確認10時から。屋上から一階まで足場を歩いて確認するのだが、足場は幅60センチ、高さもまっすぐ立てば
ヘルメットがぶつかる高さ。屈んでいるつもりでも、頻繁にぶつかり落ちつかない。

午後、老人クラブの会計処理の続き。パソコン処理しているのですぐできるという甘えが、3月分まとめて処理する癖がついている。
今回は何人もで立て替えしたレシート類をまとめて帳簿整理するのに、肝心の私が払った弁当代の領収書が見つからない。
探し回ってもない。やむなし、店に再発行をお願いした。最近、ビンゴも始めたので、景品代もあってレシート倍増。
10年以上会計担当しているので、いいかげん交代させてくれと頼んでいるのだが、現会員は高齢化もあって若手の入会待ちである。

〇一昨日、20日金曜日。午前は老人クラブ会計処理。終わらず、孫の迎えに。ここしばらく縁がなかった孫宅、前回は5月11日4連続だった。なんだ、そんなに間はなかったのだ。
親は夜遅くなるというので、食糧の買い出しをして上孫アンパンのルームへ。元気な孫と手をつないで帰路につく。時に「爺ちゃん好き」、なんてお世辞に気を良くする。

アンパンは、歯が生え変わって、その本数が足りないためスカスカの歯並びでちよっと可哀そう。自分でも美形でないと意識しているらしいが、もっと大事なことがあるのだと教えてやりたい。
アンパンを自宅に置いて、孫2を迎えに行く。5時ころの保育園は、お母さんたちの迎えでにぎやかだ。たまにおばあちゃんの迎えもあるが、爺さんの迎えはほとんどない。

4歳の孫2、金曜日は洗い物を全部持ち帰る日だが、自分で帰りの準備を終えていた。こっちも元気だ。
帰宅してソーメンでの夕食後に、それとなくこぼした孫2の一言がよみがえる。
その日は、孫2の父兄参観日だったらしい。皆、親が来ていたのに、孫2には先生が付き添ってくれたという。

親の事情はそれとなくわかってるけど、爺さんにこぼしたくなったのだろう。
娘も、私に遠慮してそこまで頼めなかった。孫も娘もそれぞれ気遣いながら、日々をしのいでいるのだ。限りなく親に愛されている孫達には、こんなこともいい経験になっているはず。

  


  



[PR]
by taro012345 | 2014-06-22 13:13 | 生き方 | Comments(2)

張り替えたばかりの網戸を張り替えた、トホホの巻

なんてこっちゃ、業者が大規模修繕で廊下の窓枠をはずしたので、網戸を張り替えておいた。この機会を逃すと次の大規模修繕まで交換できない。
それで外がくっきりみえる黒色で張り替えたのだが、いざ窓にはめようとして悩んだ。周りの家がグレーで我が家だけ黒だとしたら、周りの入居者が違和感を持ちそうだ。しかも次回修繕の10年後までとなったら、そう思われる私も居心地悪い。

やむなし、グレーの網を買ってきて、張り替えたばかりの黒の網戸を張り替えた。

[PR]
by taro012345 | 2014-06-19 18:39 | 世の中 | Comments(0)

バカ正直X10

昨日は、さる集まりに出てくれというので、絵画教室の時間を削って出席。午後も3つの会議出席で21時まで。土曜日は行事が多い。
中庭改造の宿題が出て、ちと気が重い。

今朝は、公園の水遣り。この前花苗植栽時に、水遣りしてなかったので気になっていたのだが、この暑さなので放っておけなかった。帰宅後は、前日絵画の仲間が挿し木用に切ってくれたバラとアジサイの枝を鉢に挿した。

10時からワールドカップの初戦、相手はアフリカの小国コートジボワール。順位は日本より上だが、これほど強いと思わなかった。終始押され気味で、心配していた通り2:1で負けた。

この時間は老人クラブの例会準備。買い出しと会費徴収が私の役目だったので、テレビは最初だけみて、携帯ラジオのイヤホーンで聴いていた。
御年70,80の年寄すら、結果を聴いて残念がっていた。

買い出しでビール6本入り5パックを買ったのに、4パック分の料金だったので、スーパーに後で届け出た。店長曰く、間違いで追加支払いに来る人は珍しいといって、店長は自分が間違えたので自分が負担する、などという。どうりで、店長が私の話しを理解できないらしかったのは、めったにないことだからだったのだろう。バカ正直X10倍、かもね。

    絵画は野菜の仕上げも終わらないうちに、次の課題になってしまった
   
b0014392_23131860.jpg




[PR]
by taro012345 | 2014-06-15 23:16 | 世の中 | Comments(6)

危うくセーフ、公園花の植替え

昨日は花クラブの例会で、公園の花苗を植え替え作業の日で8人が参加した。前日、近くの花屋さんから60ポット購入。質は落ちるがホームセンターより安いのだ。このほか会員が育てた苗が持ち込まれる。まだ使える花壇の花を移植して、持ち込んだ苗を植えこむ。
ケアハウスも参加する予定だったが、この天気でか中止となった。正解だった。途中から雨が降り出して、いつもなら記念写真を撮るのにこれも中止。

それでも、植え込みを終えることができた。これからも雨続きのようで、危なかった。
たまたま、この場を別の花サークルのリーダーが見学していた。資金不足で花の手配に苦労している話をしたら、自分のところの予備の苗を提供してくれるという。雨の中持参してくれた。別の公園にも必要だったので、これを当てることができる。
そのサークルは今回、国土省の都市景観大賞の特別賞を受賞したとのこと。まことにめでたい。全国で、こんな活動をしている人たちがいて、街の景観ができているのだろう。

        右手で寝ている御仁は、会員ではありません!念のため
  
b0014392_10445419.jpg

[PR]
by taro012345 | 2014-06-12 10:49 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

頻繁な花のネタはやめたいのに

あっという間に花クラブの例会が間近。月一の新聞も例会のお知らせを兼ねて作っている。今度の例会は11日の水曜日。ゆとりの日々だったはずなのに、昨日は、というか今朝の3時近くまでかかって新聞づくり。たまには、世の中科でも、サッカーでもネタにしたいと思いながら、この調子で、花のネタになってしまう。
それだけ、日々が花関連で費やされているということか。

今朝、町内に新聞を配り、メールできる人にはメールに添付して最小限のことは完了。今回は花苗も植えるので苗も購入する。それなら、去年、ケアハウスと共同で公園に花植えイベントをした実績があるので、今年も声をかけてみようと電話した。予定日が間近なので、相手も即答できなかった。無理に頼めることでもないので、検討してもらうこととした。このいいかげんさは、すべて私のせいである。

週間天気予報が、次の課題。微妙なのだが、当たって砕けろの雨天順延とする。
ケアハウスには、お袋が世話になっていたし、いずれ私も世話になるのだと公言しているのだ。

6日に帰国するはずの息子から連絡なし。電話してもでない。今日9日の聞き間違いだったか。
孫宅も音沙汰なしなので、昨日電話してみたら、夫婦して風邪をこじらせてひと月、早々寝ていたという。元気なのは爺さんだけだった。
    
 去年の挿し木苗が、マンションの表植え込みで花を咲かせた
b0014392_18473855.jpg

[PR]
by taro012345 | 2014-06-09 18:50 | ガーデニング・まちおこし | Comments(5)

次はマンションの中庭改造

昨日も雨模様の予報だったが、前日千葉のあちこちで警報が出たほどには、降らなかった。絵画サークルの予約担当の日だったので、隣町の公民館まで電車ででかけた。このサークルは居心地が良すぎて、描くのに甘えが出てしまうのが欠点と言えば欠点なのだ。私の年代では、それもよし、なのだが、さらに上手になりたい気持ちの人には、物足りないかもしれない。それで複数の教室に通っている人もいる。それでも辞めないのは、ひとえに居心地の良さにあるのだと思う。

手続きを終えて帰宅後、マンションの花の会の集まりに出席した。参加者6人。今回は、中庭花壇を改良をするためプロの計画図を検討する場だった。それによると、43万円の見積もり。もちろん、年間予算を大幅に上回る。事前の理事会では総会にかける話しもあったが、理解を得られないだろうというのが花の会の判断だった。

我々の構想は、花壇の半日陰部はイングリッシュガーデン風の緑系多年草区域とし、日当たりの部分は、多年草混交の花壇にすることで、費用と手入れの節減を図り、間に小道を設けたいとするものだった。挿し木も活用するので見応えある庭になるまで、年数がかかるけど入居者も分かってくれるはず。
これからホームセンターで歩道用の枕木等の価格を調べてくる。その結果を、理事会に提案する予定。
公民館に3月交代で飾っている
b0014392_13251001.jpg

   

[PR]
by taro012345 | 2014-06-08 13:30 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

この歳になっても、先延ばし症候群

昨日ようやく廊下側の網戸を貼りかえた。よそ様の網戸貼り替えを手伝ったのに、我が家のは放りっぱなしだった。この網戸は格子がはずれる大規模修繕の今でなければ取り替え出来ないのだ。

肝心の絵画の仕上げがいまだにできず、NHKのミュージックポートレイトを観ていた。江國香織と南果歩の対談だった。この前は田口トモロウと小雪だった。その道のベテランと組み合わせの絶妙さや本音トークに惹きこまれる番組である。次回がまた、壇蜜である。見逃せないじゃないか。

話しがそれちゃったけど、本題は絵画の宿題がなぜ進まないかである。これに限らずそのことが進まなくなるのは、私の場合この仕事が大事だと無意識にでも思っている証拠なのだ。10年も昔のブログでも同じことを書いているから、ずっとこれで悩んでいて未だに解決していないということ。
他人様はどうなんだろうと、ネットで検索してみたら、あるは、あるは。心理学のプロの研究テーマにもなっている。

同じ悩みを持つ人がいかに多いかよくわかる。私は生き物の生存本能にかかるなにかかと思ったが、この心理になる人間は、20%ほどなんだそうな。そうなると、生存本能とは縁がなさそうだ。
それらを観て、自分なりに納得できたのは、優柔不断の性格であること。対策としては、やるべきことについて、細かく具体的行動を書きだし、時系列に並べて行動に移すこと。

明日は忙しい、今から始めるぞ。




[PR]
by taro012345 | 2014-06-06 13:32 | 生き方 | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧