<   2016年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

閉じこもり2日間

2日間、もっぱら家にいた。老人クラブの事務処理とギターの練習をすべきだったが、とんと進まず反省のブログ。
老人クラブの名簿整理と試しに布団をクリーニングに出したのが、数少ない成果だった。

息子が我が家に来ると、くしゃみ鼻水が止まらないというので、布団が疑われて捨てろと言われたのだが、試しに4枚だけネットで丸洗いを頼んでいた。今日、引き取りに来て事細かに説明してくれた。不要の布団も無料で引き取るという。メーカーなので、福祉施設に寄付したり再利用ができるらしい。
腰に負担のかからない布団も3万から7万円台であるという。ショップチャンネルで2万円台であるとテレビで見た話をしたら、化学製品だとクリーニングできないのだとか。

かたや、ここのメーカーは羊毛を使った製品なので、クリーニングできるのだという。現物を持参してくれたので、寝てみたが良し悪しは、一晩寝て見なきゃわからない。
とかあったが、このクリーニングで息子の症状が治まれば良し。だめなら、他のと一緒に処分するつもり。


[PR]
by taro012345 | 2016-02-26 11:20 | 世の中 | Comments(2)

街並み景観づくりの一歩

市は花や樹を活かした街並みづくりに力を入れている。道路沿いに庭を持つ家が3軒以上揃って花や樹を飾るなら、市が現物で助成するという施策に応募した。
花クラブは、公園の手入れをメインにしているが、住みよい街づくりが目的なので、会の趣旨に沿うものだ。爺さんのいるマンションも含めて4軒が協力してくれた。
問題は、協定締結するには通りに面して庭を持っていなければならないという条件。これには参った。ここは住宅街ではあるが、庭を持っている家は極めて少ない。

毎年、市主催のオープンガーデンのイベントに、各家庭に協力してもらってお庭巡回コースも作っているけれど、多くはプランターで、庭があっても塀で隠れているのだ。それを市に訴えて
、マンションも対象にするよう検討してもらった。この地域に限らず、市内で対象になる家はごく少ないのではないかと思う。
ヨーロッパをみても、道路に面して庭のある家はあまりみかけない。庭はないけれど、窓・ベランダ・外壁をじょうずに活かしているのだ(テレビで観る範囲のことだが)。

先日、市の担当が調査にきたので、その旨話して案内して回った。われわれは、市の助成対象からはずれるけれど、公園周囲からヨーロッパ風の飾りつけを広げていきたい。市の担当に花の景観の見本をみせてやろうと密かに企んでいる。
b0014392_00013992.jpg
6月のスペイン サフィニアらしい



[PR]
by taro012345 | 2016-02-24 23:43 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

反省、死ぬ目にあった爺さん

昨日、風は強かったけれど、荒れは夜半に治まったらしい。今日、午前はマンションの総会。
給水槽・長期修繕・修繕積立金の改正などがテーマ。中庭の件も、いつもの人がささいな金額のことで質問
していた。理事も中庭の手入れをしたらどうかと皮肉まじりの回答。修繕積立金の値上げも決まった。予定を20分ほど遅れて終了。

夕方、絵画サークルの仲間からもらった、ラベンダーを挿し木して、シダを中庭に植えた。ラベンダーは挿し木適期ではないようだが、これも体験。しかも、今、仲間の庭ではラベンダーが咲いているという。

夜、ビールを飲んで、ソファで横になってうたた寝後、23時頃風呂に入った。風呂温度41度。10分ほどで湯船から出たら、立つも座るもできない。
濡れた体を拭こうとしてもままならず、そのまま浴室でのびてしまった。このまま死ぬのか、との思いがよぎる。
吐き気はないが、只々具合が悪い。20分程経っただろうか、便を催して、体に湯タオルを巻いて何とかトイレにたどり着いて、具合の悪いまま用を足した。

ようやく体調が少し回復した。ここで、高齢者の入浴の危険性に思い至った。これまで、マンションだから浴室との温度差もないものと決めつけていたし、高齢者の体も弱くなっているということも意識していなかった。
今回は免れたが、こんな身近に死が待っていたなんて。深く反省した。

似たような体験者は、死者以上に多いのだろうから、救われた命を大事に生きましょう。
ネットで調べたら、浴室での死亡事故は年間14千人で、交通事故死より多いらしい。

[PR]
by taro012345 | 2016-02-22 10:47 | 生き方 | Comments(3)

クロッキー

〇 18日、海外クルージングの予定はキャンセルとなったが、パスポートができたので受け取ってきた。いずれ海外旅行の機会はあるだろう。
  昨日はコナミで体力づくり、といっても週1なので体力の維持にもならない。

〇 今日は絵画サークル、ひさしぶりのクロッキーで会員が相互にモデルになって、描き合う。15分づつ8人を描いたが、爺さんまで回らず終わった。
この時ばかりは、皆真剣になる。モデルが頻繁に変わるもので緊張感が継続できるのだろうか。
モデルが椅子に座ると、腰の大きさを小さく描く爺さんの悪いクセは少し直った気がする。

植物が好きな仲間が、約束していたラベンダーの枝とシダ苗を持ってきてくれた。我がマンションの中庭に植えるつもり、感謝。
帰りがけ、別の仲間にお孫さんの絵を描いたか聞いたら、可愛く描いたのでお嫁さんが喜んでいたとのこと。爺さんも写真から描いたことはあるけれど、絵の練習気分
だった。下の孫も春から小学校に入る、今度は真面目に描いてみよう。入学祝いにもなろう。

午後から、街づくりの発表会があったのだが、予報より早く雨模様となった。傘も持っていなかったのでパスした。帰宅したら、自治会長から電話があった。今夜の理事会は荒模様らしいので中止にしたとのこと。
午後、予定外にフリーになったので気持ちが軽くなった。



[PR]
by taro012345 | 2016-02-20 11:05 | 生き方 | Comments(0)

マンション玄関にサツキ移植

どんどん、春に向かっている。
今日(16日)は、ベランダの水遣り、寒いといってもこの頃は花苗にビニールをかけるまでもない。タネから育てた苗150ほどのポットは、オープンガーデンのプレゼントに使えそうだ。アジサイ園づくり用の挿し木は、今一だがなんとか枯れずに育ってくれるだろう。

午前、市の公園担当者に公園トイレの外側にレンガを踏み石にした工事をしてもらえないか頼んでいた。それで今日調査にきてくれたのだが、雑草繁茂を防ぐ目的では他の公園とのバランスもあるので、できないとのこと。なので、その後、DIYで探したら,適当な幅と長さのコンクリート板が2000円程であった。欲しいが自治会がOKするか?さらに、公園の美化にはゴミ処理とトイレの清潔が欠かせない。トイレの内装をスプレーで塗装して、防臭剤配備と花のハンギングをしたいと妄想している。
また、ゴミ処理は、毎日のことなのでカカシに掃除用具を持たせて、利用者に協力を仰ごうかと妄想してみた。

午後からは、マンションの表に給水タンクカ所にあったサツキの1群を表玄関に移植する事にしていた。管理人含めて4人での作業。力仕事なので、花の会メンバーには知らせなかったとリーダーの弁。腐葉土や肥料を混ぜて、移植完了。
ぎりぎり15時からの会議に間に合った。老人クラブの決算.予算と補助金の説明会に会計と二人で参加。爺さんは会計を10年以上やっていたので、大体わかるが、必要以上に細かい。

移植前
b0014392_02124913.jpg
b0014392_02142214.jpg
移植後 問題は、サツキの下枝が枯れて、葉が伸びていないこと。伸びなかったらどうするか。杭で隠すか。

[PR]
by taro012345 | 2016-02-17 02:22 | 組織 | Comments(0)

これも老害か

〇 今朝(14日)は、予報通りベランダに風雨が吹き付けて暖気、春一番だそうな。
午後から、老人クラブ地域リーダーの例会だった。今回は、認知症予防の講演があった。
テレビでも頻繁にやっているけれど、半端な知識だったのでいい機会になった。

〇 昨日は、午前が絵画サークル、午後から、地元の大学で街づくり関連のシンポジュームがあったので、聞きに行った。
なにかに、プレゼンがあったなかで、千葉県内の地域比較に興味が持てた。演者曰く、ここの自治体には尖ったものがないとの評価。別の演者は、雇用の変化について、過去がそうであったように10年、20年先想像できない形になるだろうとも。

問題は、一般参加者の質問だった。発言したかったらしい参加者から、ながながと苦情の発言があったのは良しとしても、隣町の図書館と比べてサービスが悪いと言いたかったらしいのだが、これも長々の発言に聞く方がイライラさせられた。さらに続いた2人の意見も、同様の長話とあって爺さんはこらえきれず発言中に中座した。3人とも爺さんと同じ70代とみた。人の振り見て我が振り直せ、を心したい。


[PR]
by taro012345 | 2016-02-15 00:15 | 生き方 | Comments(0)

花クラブ例会終わって

公園の手入れをする花クラブの例会は、爺さんの家で開催した。当日は好天なのに厳寒で、外仕事にしたらさぞ不評を買ったことだろう。
春のイベントに向けて、アイデアを提供してもらう場になった。特に有効な人集めと町内へのアピールを実現するため、どんな方法があるか。

年間通して、公園の手入れをしているけれど、町内に周知されていない現実と春のイベントに会員総出で取り組んで、市長も顔を出してくれるのに町内に知られていないとなれば、やる気がそがれるではないか。

ましてこの街づくりを目指しているのだから。毎年、自治会の広報でPRしてはいるが、いまいちの結果だった。土台、自治会の回覧をみていない人の多いことがわかった。

この話を老人クラブの役員会で話したら、ほとんどが広報のトップをみるだけだという。地元の役員でさえこの調子では、ほとんどは見てすらいないに違いない。
例会の結論は、自治会掲示板20か所に大判の目立つポスターを貼るというものだった。

さらに、イベントは公園の花だけでは魅力がないので、親子が来てみたくなる場づくりにしよう、となったのは当然だろう。
地域新聞に町内折り込みも聞いてみた。A4一枚3.4円だという。3千世帯弱だから、工面できなくはない額だが、賛同されないとみた。

場づくりと目立つポスターができるかにかかっている。

別途、市に頼んでいた公園のブロック床修理は、昨日工事をしてくれた。ついでにトイレ入り口にレンガ設置も頼んだのだが、業者さんが配置してみたらバランスが悪いというので、再度打ち合わせしたいと電話がきた。恐縮だ。日本一の公園にしたいと言っているので、気遣ってくれたのかもしれない。

風邪ひきの孫宅から投稿。
親の帰りを待って、元ボランティアの集まりに出かける。



[PR]
by taro012345 | 2016-02-12 15:52 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

生まれ変わったら

〇 爺さんも70代、否応なしにこの先を思う。子供・孫たちが元気であって欲しいとか。来し方を振り返る。
昨夜、NHKの「飲み鉄」で六角精児が北海道の何もない田舎を鉄道で徘徊する番組だったので、懐かしく観た。
爺さんの若かりし頃の田舎暮らしを彷彿とさせて、六角に同伴しているかのようだった。

しかも、六角は行く先々で昼夜かまわず酒を飲み地元の肴を楽しんでいるもので、爺さんも函館から送ってもらった紅鮭の飯寿司を持ち出してひさしぶりの日本酒を共に?味わったのだ。
電車の終点はかってのニシン場増毛だった。ニシンがぴたっと獲れなくなったのは昭和33年だというが、乱獲が原因だとすれば残念なことだ。

〇 朝日新聞で瀬戸内寂聴が若者と対話していた。肝心のテーマは忘れて記憶に残っているのは、寂聴が生まれ変わったら、また女に生まれたいということ。日本は、世界から女性の立場が弱い国ということで評価されている。

かって、爺さんが臨時でホールに勤めていた頃、数人の女性に生まれ変わったらどちらになりたいか聞いたことがある。皆さん、女に生まれたいというではないか。(以前もこのことは、投稿したことがある)
なんだ、ここの職場に限らず、皆女性に生まれたいんじゃないか。日々思索している著名な作家でさえだ。
寂聴、お前もか!

日本は女性の社会的立場が弱いと世界が評価しているのに、日本の女性は女に生まれたいと思っているらしい。
家庭の実権を握っている日本の女性を知っている日本の男としては、いたく納得できる結果だ。
ねんのため、上野千鶴子にも聞いてみたいなぁ。



[PR]
by taro012345 | 2016-02-08 13:23 | 世の中 | Comments(2)

タイムリミット

花クラブ例会のお知らせを兼ねて毎月新聞づくりをしているのだが、10日が例会なのにまだできていない。
今回で40号、市役所や支援者にも活動報告を兼ねて送信している。今回、市が公園の修繕をしてくれるというのも、これが一助になっているのかもしれない。

話をもどす。いつもの例会は、公園での作業なんだけれど、2月は厳寒でもあり外作業も気の毒なので迷っていた。
で、春のオープンガーデンのイベントに向けて細部打合せすることにした。が、自治会館は例の音楽バンドの練習日で予約が入っている。

なので、今回は爺さんの家を例会の場所にすることにした。という結論が出たので、これから新聞づくりをする。

[PR]
by taro012345 | 2016-02-06 10:32 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

マンションの表玄関改良

マンションの中庭改良は、1年近くかけてなんとか実現した。企画は理事会だが、実行はマンション花の会の労苦の成果である。爺さんは階下に下りるたび中庭を覗いている。改良まで反対意見もかなりあったのだが、現在は苦情も聞こえてこない。課題は、爺さんは次の担当理事に引き継げたのだが、その後の理事に苦労して改良した歴史?を引き継いでもらえるか。今後はマンション花の会で育ったメンバーが頼りである。

また当時から、表玄関の改良も必要だと言われていたのだが、現在は爺さんはお手伝いの立場なので、決まればお手伝いするというスタンスでいる。
マンションの給水タンクを取り壊して、跡地を駐輪場にする工事が始まっていた。そこにあった砂利とサツキの垣根を表玄関に活用しようということになって、今日がその日だった。管理人と女性理事含めて4人の作業なので、砂利の移動だけで終わった。サツキは景観もあるので、理事会に諮ってから植えることとした。
b0014392_00582256.jpg
日当たりがない箇所。砂利を敷いても猫がトイレにするらしいので、この対策も難題






[PR]
by taro012345 | 2016-02-04 01:01 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧