<   2016年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

固くなった餅

一昨日の餅つき大会でもらった餅がかたくなってしまった。ネットで柔らかくする方法を調べたら、あった。
レンジでラップをかけないで暖める。時間の設定は、短時間から始めてテストすること。爺さんは1分で試したら、水分が多いせいかあっという間に膨れ上がってから、ぺしゃんこになった。餅の形はなくなったが、捨てずに済んだ。ネット情報に感謝の日々である。

ブログ更新も滞ってしまった。その間カミさんの兄が二泊、バンド練習、ウォーキング、絵画、花苗植え、餅つき大会とあった。人との関わりが多かったためもあるが、公園トイレのハンギング構想が挫折して、再検討していることもある。

カミさんの兄に、電気スタンドか行燈を作りたいのでそれに使える材料を頼んでいた。先日それを持参してくれたのだ。これにLEDのランタンを取り付けようと、アマゾンに注文したのだが心配していた通り、パナソニックの30ルーメンは暗すぎた。他に明るいのが探せなかったのだ。

絵画仲間からは、大人の塗り絵をもらった。最近はやっているのだそうな。なんせ細かい。4枚もらったので、1枚は同じ孫がいる仲間に分けた。爺さんは二人の孫がやれるかどうか2枚プレゼントする。
今日、これから孫宅に出かける。この前の地震の際、大きなガラスにヒビが入ったので、取り換えの立ち合いを頼まれたのだ。信じられないが
、あるんだね。

b0014392_09360463.jpg
ウォーキング時の谷中銀座。朝倉彫塑館、上野の横山大観記念館とか回ったが、せっかくならスタッフの説明を聴いた方が何倍も見学の価値が高まる。





[PR]
by taro012345 | 2016-11-29 09:40 | 生き方 | Comments(0)

震度6の日に孫の世話

前日、小1の下孫が夕方から腹痛で嘔吐を繰り返していたらしい。両親は共稼ぎで不在、小4の上孫アンパンが世話していたという。
アンパンから娘の職場に電話があって、娘から、爺さんに今日の世話を頼まれたのだが、アンパンの手際の良さに親たる娘が感心したという。
布団を敷いて、タオルケットでカバーして洗面器にビニールをかけて嘔吐に備え、再三の嘔吐物を都度ベランダに運んで万全の態勢だったとか。
少し前までは、洗濯物もたたまず父親の仕事になっていたので、爺さんがアンパンにアドバイスしたこともあった。孫の成長は親でさえ驚くほど早い。

そして今日。マンション6階の我が家は、6時頃、ドスンではなく、ユーラ、ユーラとかってないほど大きく揺れた。ラジオが津波の警報を繰り返している。
孫宅に電車で行くのに、その状況はアナウンスされない。ネットで路線の様子を探したら、通常運行をしているとわかった。
娘からLINEで、昼食用意なしとの連絡。スーパーでそれらしいものを仕入れて孫宅へ。娘のメモによると、朝の2時まで再三吐いて親子とも眠れなかったらしい。
救いは、微熱だったこと。だが、7回も吐いたとなれば、医院に行くしかない。孫を2時間ほど寝せてから医院へ。

ベテラン医師から、薬はいりませんと言われ、事細かに説明を受けて孫宅へ戻った。早退した娘と交代して爺さんは3時過ぎに帰宅。
先日、もう一つの公園に93歳の会員と花の植え込みをしたのだが、花苗が足りなかった。自転車だったので、花苗の購入も2トレー分しか運べなかったのだ。
今日、不足分を買い足して、その足で追加の植え込みをしてきた。5時過ぎて暗くなってしまったが、一仕事終えて気分良好である。

それにしても、震度6もあった地震なのに、被害はほとんどなかったようで喜ばしいことだったが、これからも油断できない、準備不足を反省せねば。




[PR]
by taro012345 | 2016-11-22 22:22 | 家族系 | Comments(2)

マラソンで靴が脱げちゃった孫

今日のネタは、ハンギングの仕上がりのつもりだったのだけど、孫の珍事があって予定を変えた。
昨日、孫のマラソン大会があった。この日は、共稼ぎの親に代わってほとんど爺さんが応援することになっている。不思議なほど雨に当たることはなく、いつも大きな公園の秋を楽しむ。いつもどおり、落ち葉を掃いているボランティアに声をかける。運動を兼ねているのだそうな。

今回戸惑ったのは、孫を探せなかったこと。上孫は何とか見つかったが、下孫は初のマラソン大会なので、爺さんが応援に来ていることを知らせたいのにみつからない。
目印は水色の靴だ、と見渡しても、ほとんどがピンクか水色の靴なのだ。下孫が手を挙げたのでようやくわかった。老化で視力が落ちてきたのかもしれない。
後で娘からLINEが入ってわかったこと。マラソンで上孫の靴が脱げてしまったというのだ。えっ、知らなかった!近くの人が教えてくれたのは孫の事だったのか!

いつもだと4位なのに、よくぞ6位でゴールできたものだ。先生に励まされ、諦めない気持ちが湧いてきて、次々追い抜けたことが快感だったらしい。失敗とめげない気持ちを体験したことは、大きくなっても忘れないはず。人生最初の宝を得たのかもしれない。
下孫も、目標からやや下がったらしいが、14位だったそうで良かったんじゃないかなぁ。

b0014392_11185768.jpg




[PR]
by taro012345 | 2016-11-18 11:21 | 家族系 | Comments(2)

公園トイレにハンギング1

ペンキ塗装した公園のトイレ壁面に花を飾ろうと、あちこちから材料を集めていた。ようやくハンギング用のポットに花を植えこんだ。これをトイレの外壁にぶら下げるつもりだったが、壁がアルミだったので、釘を打ちつければ内部の腐朽を進めてしまう。なので角棒にポットを吊るし、棒の両端を針金で壁面の裏まで、ぐるっと廻すことにした。これならポットの重さを支えることができそうだ。
ポットはできたが、壁面に吊るす時間がないので、イメージをつかむため外壁面に並べてみた。違和感はない。
もっとも、明日は孫二人のマラソン大会の応援だし、その後、元臨時仲間の朗読会に出席するので、取り付ける時間はないだろう。
取り付け後の反応が楽しみだ。

b0014392_23100507.jpg

[PR]
by taro012345 | 2016-11-16 23:11 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

夢の島に行ったのに植物園に入らず

12日、絵画サークルが写生に選んだ夢の島公園。朝のうちは曇り空で寒かったものの、そのうち見事ないわし雲と青い空になった。前日までの寒さはなんだったのか。いい日を写生会にしたものだ。
ところが広い公園なのに写生向きの風景に会わず、爺さんはヨットハーバーのスケッチにした。これはこれで、船の構造がわからないもので難しい。
面白いのは、男は皆ヨットを選んだのに、女性は皆、公園の風景を描いたこと。男女の性格の違いなのだろうか。

昼は、スポーツ文化館なるところのレストランでバイキングだった。宿泊施設も兼ねているので団体さんがたくさんいて後ろに並んでいたら、団体のリーダーらしき人が「個人の方、お先にどうぞ」と声をかけてくれたのだ。
ありがたく前に並んだが、自分がその立場だったら、この心遣いを出来ただろうかと思い、いたく感銘したものだ。

人間、バイキングとなるとどうしても欲が出るようで、焼きそば・カレーライスの両方をトレーに載せて完食した。結局、夢の島メインの植物園を見学することなく帰路についたのだが、みなさんバイキングで満足したようで、最後まで植物園の話はでなかった。

b0014392_00361379.jpg
樹林内はバーベキューの施設になっている。今度は、植物園とバーベキューコースにしたい。それにしても、朝の曇天がこの青空に変身したのには、感激した。しかも空の青は、めったにお目にかかれない濃い青だった。

[PR]
by taro012345 | 2016-11-15 00:39 | 絵画 | Comments(2)

明日は秋の風景を描きに行く

○ 昨日(10日)は、公園の水遣りして、ギターのサークルに参加した。練習不足なのでメンバーに申し訳ない。代わりに?アコーディオンをひく御仁が参加してくれた。
ボランティアであちこち演奏して廻っているため、メンバーではなく都合のつくときの来賓?参加である。それでも、メンバーが少ないので助かる。
行く先々で、合唱曲を求められ、毎回曲をマスターするのに大変らしい。
じいさんが、2,3曲のコードに音を上げているのとわけが違う。いずれ孫と童謡でも弾いてみたいものだが、いつになるやら。

○ マンションのエレベーターでの挨拶は、「寒くなりましたねぇ」のこの頃。今日も寒気の雨模様だったが、週1のスポーツジムに行ってきた。週1では、体力づくりにもならないのだが、余裕がない。と勝手に思っているが、爺さんの日々のテンポが遅くなっているからかもしれない。

今日の朝日新聞の声欄に、高齢者のジム通いに助成金を出してはどうか、なんて投稿があった。医療費を食いつぶす高齢者を減らしたいとの意図なのだろう。
ところが不思議なことに、ジムに通っている人に太っている人はほとんどいないのだ。ほかでもそうなんだろうか。なんせ、なんでもかんでも補助金なんてご時世でもあるまいというのが、爺さんの意見である。その気になれば、公民館でも体操・太極拳など健康管理に役立つサークルはかなりあるのだ。

○ 明日は、絵画サークルで秋の風景を描くため、夢の島公園に行く。新木場集合9時だというから、寝坊できない。冬並みの寒さも明日から穏やかになるようだ。秋を楽しめそうだ。



[PR]
by taro012345 | 2016-11-12 00:53 | 絵画 | Comments(0)

木枯らし1号の日に花壇の植え込み

寒気もきつくなってきた。が、今日は花クラブの花苗の植え込み日だった。きっと参加者は少ないだろうと思ったのに、9名が参加した。
我が家に泊まったカミさんの兄も手伝いに参加した。やはり、人数である。耕土から植え込みや移植まで1時間で終わらせた。米国大統領の選挙結果が気になるというメンバーの声に応えることができた。

水遣りは爺さんが午後からやろうとしたのだが、トランプ候補のあまりの勢いにテレビにしがみついてしまった。
米国の午前2時頃だろうか。予想もしないトランプ大統領の誕生。なんてことだ。ありえないと思っていたイギリス国民のEU離脱の投票に酷似した結果が米国でも起きた。世界で国民の不満が募っているのだとすれば。
水遣りは明日にする。
b0014392_20264257.jpg



[PR]
by taro012345 | 2016-11-09 20:44 | ガーデニング・まちおこし | Comments(0)

今、幸せです

爺さんの公式行事?は花クラブの例会までないと楽にしていたら、函館当時の高校の東京同窓会があるのを忘れていた。開始1時間ほど前、幹事に「遅れて出席する」旨電話した。20分ほど遅れた。
恒例の各自近況報告をしているところだった。参加者20名ほど。多くは、地域活動、趣味、病気の話だったが、今回は介護が終わった話は1名のみ。皆さん、親の介護は終わったらしい。印象に残ったのは、「今、幸せです」と言った女性のことば。それまでどんなことがあったのか知る由もないが、同窓会のような席では、なかなか出てこないことばだ。
考えてみれば同窓会に出てこれるメンバーは、この年代、言わないまでも幸せなのかもしれない。幹事、「米寿まで続ける」との挨拶に一同大きな拍手で感謝の意を表した。


[PR]
by taro012345 | 2016-11-07 14:26 | 函館・北海道 | Comments(2)

今頃株分け?芝桜

 毎月の花クラブ新聞、10月号なのに11月に発行する体たらく。昨日ようやく配って歩いた第48号。毎月なので、今回でちょうど4年になる。ガーデニングや公園関連で市の担当課等、支援者にも送っている。どこからも反応はないが、街づくりの意気込みは伝わっているはず。自治会長曰く、自治会より花クラブの方が市に知られていると嘆いて?いた。 

公園の植物の手入れも終盤のこの頃だが、気にかかるのは、公園沿いに育てている芝桜。延長60メートル程あるのに、当初目論んだ芝桜を広げる作戦は、思うに任せず広がるどころか、枯れたり消えてしまったところもある。もともと、公園沿いは花壇ではないので粘土質の土壌も多いし、樹木で日陰になっている影響もあるのだろうと想ってはいるが、なんとしても広がった芝桜を実現したい。

当然のことながら、資金もないので今育っている芝桜を株分けして増やすつもりだ。一般にやられている挿し芽は、小さいので効率が良くない気がする。この時期の株分けは、遅いことはわかっているのだが、雑用も多くてやむなし。発泡スチロールの箱で寒さを防いだ株と、公園の畑に植えた株で、来春比べてみたい。
当初、トラックで土も補充したのだが、おいおい土の改良もして行こう。



[PR]
by taro012345 | 2016-11-04 14:16 | ガーデニング・まちおこし | Comments(2)

定年後こそほんとの自分


by taro012345
プロフィールを見る
画像一覧